絞込条件
限度額
下限金利
即日融資
200万借入の金利
400万借入の金利

大阪信用金庫のおまとめローン全種類を解説!メリット、デメリットも

複数の借金を一本化するのに効果的なのが、おまとめローンです。

近年このおまとめローンは、様々な金融機関で提供されています。

一般的には銀行や消費者金融をイメージするかもしれませんが、実は信用金庫でも提供しているのです。

ここではその中の1つである、大阪信用金庫のおまとめローンについて紹介していきましょう。

実は幾つかのローンがあるので、1つずつ確認していきます。

 

大阪信用金庫のおまとめで利用できるローンは6つ

大阪信用金庫が提供するおまとめローンは、全部で6つあります。

だいしんフリーローン1000、DOフリーローン、だいしんきゃっしゅる900、だいしんJローン、おまとめ多目的、おまとめONE’S LOANの6つです。

それぞれにどういった特徴があるのか、またどんな違いがあるのかを確認していきましょう。

 

だいしんフリーローン1000

だいしんフリーローン1000は、多目的ローンです。

金利が8段階あり、3.0%・4.5%・6.0%・7.5%・9.0%・10.5%・12.0%・14.0%で利用できます。

金利は審査によって決定される形です。

年齢条件は20歳以上で完済時に76歳未満の人になります。

また大阪信用金庫の営業区域内に在住、または勤務している人が条件です。

借入額は10万円~1000万円となります。

使用目的は事業制資金以外という表記なので、おまとめローンとは記載されていません。

ただ額が大きいのでおまとめローンとして利用可能です。

 

DOフリーローン

DOフリーローンは大阪信用金庫のフリーローンです。

多目的に利用できるローンですが、おまとめローンという表記はありません。

融資額は10万円以上1000万円以下ですが、web完結の申込をした場合は10万円以上300万円以下と限定されるので注意してください。

金利は3.00~12.50%です。

条件としては年齢が20歳~完済時の年齢が76歳未満の人で、大阪信用金庫の営業区域にお住まい、またはお勤めの人が対象です。

 

だいしんきゃっしゅる900

だいしんきゃっしゅる900は、大阪信用金庫が提供するカードローンの1つです。

融資額が50万円~900万円となっていて、大口の融資にも対応可能となっていますので、おまとめローンとしても利用できます

ただし公式でおまとめローンに使えるとは明記していません。

事業性の資金は除くとあるだけですので、注意が必要です。

金利は固定金利で3.00%~14.60%となっていて、銀行系カードローンの平均的な数値でしょう。

年齢条件は20歳~65歳未満で、大阪信用金庫の営業区域内に在住もしくは、勤務している人のみが対象です。

パートやアルバイト、専業主婦の人でもOKですが、年金受給者は利用できません。

 

だいしんJローン

だいしんJローンもおまとめローンとして利用できます。

ですが大阪信用金庫からの、ローンのみ借り換えができません。

年齢条件は20歳以上で63歳未満、大阪信用金庫の営業区域に在住、もしくは勤務している人のみが対象です。

また年収200万円以上の安定継続した収入がないといけません。

融資金額は50万円~500万円以下となっています。

 

金利は固定3.9%のみです。

金利的にかなり有利なローンですので、その分年収条件が厳しく設定されています。

 

おまとめ500多目的

おまとめ500多目的も借り換えに利用できます。

ただし支払い先となる金融機関への振込が必須なのが違いです。

申し込み年齢は20歳以上で、最終返済年齢が81歳未満です。

専業主婦や年金受給者でも申し込みできます。

他にもパートやアルバイト、個人事業主も対象です。

10万円以上500万円以下で、金利は5.00%・8.15%・12.10%の3つが用意されています

ただ対象となるのは大阪信用金庫の営業区域内に在住か、勤務をしている人に限られます。

 

おまとめONE’S LOAN

おまとめONE’S LOANは大阪信用金庫の中では、有名なローンです。

他金融機関や信販会社からの借り換えを中心に、他の目的でも利用できるのが特徴でしょう。

金利は9.8%・11.8%・13.8%の3つからなります。

融資金額は10万円以上、500万円以下です。

年齢条件としては20歳以上69歳以下で、最終返済の年齢が75歳以下と決まっています。

パートやアルバイトでも申し込みができますが、専業主婦や年金受給所得者は不可です。

また大阪信用金庫の営業区域内に居住、もしくは勤務する人が対象となっています。

 

だいしんフリーローン1000の特徴

ではだいしんフリーローン1000の特徴から確認していきます。

フリーローンの中では、最大で1000万円まで借りられる融資額の大きさが魅力です。

さらに1万円単位で借りられるので、本当に必要な分だけを融資して貰えます。

申し込みはインターネットとFAXになっているので、お手持ちのスマホやタブレット、パソコンから利用した方がいいでしょう。

 

だいしんフリーローン1000のメリット

だいしんフリーローン1000のメリットとしては、融資期間が最長で10年あるという点です。

正確には6ヶ月~10年となっていて、1ヶ月単位で指定できます。

金利も3.0%・4.5%・6.0%・7.5%・9.0%・10.5%・12.0%・14.0%となっていますので、比較的に低い数字での利用も難しくありません。

ある程度纏まった額の借入もできるのも、大きなメリットです。

 

だいしんフリーローン1000のデメリット

反対にだいしんフリーローン1000のデメリットも確認します。

1つは信用金庫ということもあり、利用できる人が地域的に限定されてしまう点でしょう。

大阪信用金庫の営業区域ですが、大阪府全域と隣接する兵庫県の尼崎市と伊丹市、和歌山県の紀の川市の一部、岩出市となります。

つまりその名の通り、大阪府に住んでいる人向けのローンとなります。

 

DOフリーローンの特徴

DOフリーローンの特徴は、多目的に利用できる点です。

公式におまとめローンとして利用できるとの記載はありませんが、様々な目的で利用できるとあります。

またフリーローンでありながら、1000万円と融資額が大きいのも特徴でしょう。

 

DOフリーローンのメリット

DOフリーローンのメリットも考えておきます。

最大のメリットになるのがweb完結に対応している点です。

今回お伝えしている6つのおまとめローンの中で、唯一web完結が利用できます。

他のローンでもインターネットから申し込みができますが、契約まで完結できるのはDOフリーローンのみです。

ちなみに来店しての申し込みもできるので、ローン相談などをしたい人はそちらがおすすめになります。

また金利も3.00~12.50%と比較的に低めの設定です。

 

DOフリーローンのデメリット

次にDOフリーローンのデメリットも確認します。

最も大きなデメリットとしては、先程あげたweb完結です。

通常の申し込みであれば10万円以上1000万円以下で、1万円単位の借入ができます。

ただweb完結の場合は10万円以上で300万円以下となります。

1万円単位での融資は変わりませんが、上限額が制限されるのです。

そのため大型の資金申込をしたい場合は、考慮した方がいいでしょう

 

だいしんきゃっしゅる900の特徴

だいしんきゃっしゅる900の特徴を確認しておきます。

カードローンとしては、破格とも言える最高900万円の借入額が最大の特徴でしょう。

パートやアルバイトの人でも申込ができ、さらには専業主婦でも大丈夫です。

おまとめローンとしての表記はありませんが、借入額が大きいため利用可能でしょう。

 

だいしんきゃっしゅる900のメリット

だいしんきゃっしゅる900のメリットも確認します。

カードローンとしては珍しく、専業主婦の人でも利用可能な点が大きなメリットになります。

ただし専業主婦の場合、配偶者が69歳以下であり、安定した収入があるのが条件です。

配偶者が年金受給のみ、パートやアルバイトは不可となっています。

つまり正社員、派遣社員、契約社員のいずれかである必要があるでしょう。

ただ本人が申込をする時は、パートやアルバイトでも大丈夫です。

 

だいしんきゃっしゅる900のデメリット

だいしんきゃっしゅる900のデメリットとしては、年金受給者が利用できない点です。

年齢条件が65歳未満となっているのもそのためでしょう。

また専業主婦の人は申込できますが、借入限度額が50万円と制限がついてしまうのもネックです。

他にも借入の枠は大きいのですが、金利が3.00%~14.60%と標準的な数字であるのも気になる点でしょう。

 

だいしんJローンの特徴

だいしんJローンの特徴も検証しましょう。

無担保で最高500万円までの借入ができる、ローン商品となります。

融資期間が6ヶ月以上、7年以内と若干短いのが気になる点です。

 

だいしんJローンのメリット

だいしんJローンのメリットは、なんと言っても金利が低い点です。

固定金利で年利3.9%となっています。

最小額となる50万円を借りても、年利3.9%となっているので小額を利用したい人にとってはおすすめのローンです。

一般的に3.9%と言えば、下限金利に近い数字となっています。

他の銀行系ローンであれば、最大額まで融資を受けないと設定されない金利です。

そのためかなりお得なローンだと言えるでしょう。

 

だいしんJローンのデメリット

反対にだいしんJローンのデメリットも考えておきます。

デメリットとしては金利が低いだけに、申込み条件が他ローンよりも厳しくなっている点です。

年収200万円以上で、安定継続した収入があることが条件になります。

パートやアルバイト、年金収入のみの人は条件を満たしません。

また前段でも紹介しましたが、融資期間が7年と若干短めになっているので、無理をしない範囲で借りるのがポイントです。

 

おまとめ500多目的の特徴

おまとめ500多目的の特徴も確認しておきます。

他金融機関の借り換え目的にも利用できると、公式で明記されているローン商品です。

比較的に幅広い人を申込対象としていて、インターネットからの申込にも対応しています。

 

おまとめ500多目的のメリット

おまとめ500多目的のメリットも確認しておきましょう。

メリットとしては専業主婦やパート、アルバイト、年金受給者に個人事業主まで対象としている点です。

また金利が5.00%・8.15%・12.10%と比較的に低い設定なのもポイントになるでしょう。

おまとめローンで借金を一本化した時に、金利が低いほど利息がつきにくくなります。

その分ゆとりを持った返済が可能となるのがメリットです。

 

おまとめ500多目的のデメリット

おまとめ500多目的のデメリットには、どんなものがあるのかを見ておきます。

表的なのがインターネットからの申込が、少し分かりづらい点でしょう。

大阪信用金庫のウェブサイトから申込をするのではなく、保証会社のウェブサイトで行います。

その時に金融機関取引希望支店という項目を、選択し忘れてしまう人が多いようです。

この点には十分に注意してください。

 

おまとめONE’S LOANの特徴

最後におまとめONE’S LOANの特徴を確認します。

こちらも公式におまとめローンとして表記があるものです。

金利としては9.8%・11.8%・13.8%となっているので、比較的にお得なおまとめローンになります。

ただ最大融資金額が500万円までなので、それ以上の額をまとめたい人には向きません。

 

おまとめONE’S LOANのメリット

おまとめONE’S LOANのメリットを見ておきます。

大きなメリットはパートやアルバイトの人でも利用できるという点でしょう。

ただし専業主婦や年金収入のみの人は不可となっています。

もう1つのメリットとしては、おまとめローンの割には年齢条件の上限が高い設定である点です。

69歳未満であり、最終返済時の年齢が75歳以下となっています。

そのため高齢者でも比較的にゆとりのある返済ができるでしょう。

 

おまとめONE’S LOANのデメリット

おまとめONE’S LOANのデメリットも確認します。

最大のデメリットとしては、ここで挙げた6つの中で唯一インターネット経由で申し込みできない点です。

店頭もしくはFAXでしか申し込みができません。

そのため若い世代の人にとっては、使い難いと言えるでしょう。

ただおまとめローンとして利用する場合、他金融機関の取引額を考慮して返済計画を立てる必要があります。

店頭で申込をする場合、担当スタッフにローン相談ができるので、その点は良し悪しであるかもしれません。

 

まとめ

大阪信用金庫が提供するおまとめローンについてでした。

おまとめローンは信用金庫でも提供しています。

比較的に金利が低く、融資額も大きいのが特徴でしょう。

大阪信用金庫では6つのローンで、他金融機関からの借入を一本化できます

ただし公式でおまとめローンとしての表記があるのは、2つのみとなっています。

他の商品はおまとめローンとしても代用できる形です。

特に金利の低さで考えるのなら、だいしんJローンが良いでしょう。

年収が200万円以上という条件がつきますが、年利3.9%という低さで融資を受けられます。

特に100万円以下でおまとめローンを利用したい人にとっては、かなりお得なプランになるはずです。

 

オススメのおまとめローン