絞込条件
限度額
下限金利
即日融資
200万借入の金利
400万借入の金利

Jスコアはおまとめローンできる!?解説&利用者口コミ紹介&借入3大デメリットも徹底検証!!

実家暮らしでネットショップを運営している自営業ならば、ショップ運営が上手くいかないと借金の返済に悩む状況にもなりかねません。

こうした状況下で200万円ほどの負債額がある場合には、低金利なJスコアをおまとめローンとして役立てられるのでしょうか?

Jスコアでのおまとめローンがおすすめな理由に加えて、利用者の口コミや事前に把握しておくべき3大デメリットなどを徹底解説します。

 

 Jスコアなら借り換えにも利用可能

複数社からの借入を低金利な1社にまとめ、返済における負担の軽減を行う方法がおまとめローンです。

おまとめローンを活用すると、毎月の返済額や返済日が分かりやすくなりますし、返済計画を立てたうえで完済を目指せます。

ローンは借入総額に応じて適用される金利が低くなる傾向もありますので、おまとめローンでは低金利を期待できたりします。

このようなおまとめローンを目的としているときには、貸金業法に基づくおまとめローンの活用が代表的な選択肢となるでしょう。

とはいえ、総量規制に該当していないのであれば、JスコアのAIスコア・レンディングをおまとめローンに利用することも不可能ではありません。

FinTech企業のJスコアでは、AIスコアの算出やAIスコア・レンディングなど、ビッグデータとAI技術を活用したサービスを取り揃えています。

JスコアのAIスコア・レンディングは低金利な特長を備えるため、これをおまとめローンや借り換えに利用すれば基本的に金利の負担を抑えられます。

さらに無料でAIスコア診断を受けられますから、AIスコア・レンディングの審査に通る見込みは申込み前の段階で確認できます。

短期間に審査落ちが重なる多重申し込みを避けつつ借り換えを実現したいのなら、JスコアのAIスコア診断とAIスコア・レンディングが重宝します

ただし、Jスコアは消費者金融に当てはまりますので、Jスコアでのおまとめローンや借り換えを望む場合には審査条件などを見極めなければいけません。

 

Jスコアのおまとめローンがおすすめな理由とは

Jスコアがおまとめローンにおすすめな理由としては、金利の低さが主要な要因に数えられます。

大手消費者金融の上限金利は18.0%程度ですが、JスコアのAIスコア・レンディングは上限金利が12.0%に設定されています。

この数値は銀行カードローンの金利水準よりも低い数値になっていますし、総じてJスコアにはおまとめローン向きの特長があります。

ネットショップ運営で抱えた負債額を低金利で完済したいときには、AIスコア・レンディングでのおまとめローンや借り換えをおすすめできます。

また、算出されたAIスコアで適用される金利や利用限度額が決まることも、Jスコアならではの特長といえるでしょう。

金利は借入総額ではなくAIスコアで変動するため、AIスコアを高められるのなら少額の借入であっても低金利の適用が起こります。

AIスコアは情報入力や情報連携のほか、行動習慣の記録でスコアアップしていき、スコアアップを果たすほど低金利での借入につながります。

金利の低さやAIスコアに限らず、Jスコアをおすすめできる理由には、利用限度額の高さやAIスコア・リワードなどのサービスも関係します。

AIスコア・レンディングの利用限度額は最大1,000万円なので、500万円や800万円といった大手消費者金融の水準をそもそも上回ります。

AIスコア・リワードではスコアランクに応じて多彩な特典も得られますから、AIスコアが活躍するのはAIスコア・レンディングだけではありません。

Jスコアはおまとめローンに適した特長を兼ね備えるのみならず、AIスコア取得後のエントリーで特典を得られる特長さえも併せ持っているのです。

 

Jスコアでお金を借りるとどのくらいお得?

一般的に大手消費者金融で少額を借りる場合には、上限金利18.0%が適用されます。

対して、JスコアのAIスコア・レンディングは上限金利が12.0%ですから、借入総額にかかわらず12.0%を超える金利の適用にはなりません

50万円の借入を3年で完済するのであれば、金利18.0%で毎月の返済額は18,076円と算出され、金利12.0%なら16,607円で済みます。

最終的な支払利息の差は53,000円ほどになるため、上限金利18.0%の大手消費者金融よりもJスコアのほうがお得にお金を借りられるでしょう。

なお、上限金利18.0%の他社で200万円を借りた場合をシミュレーションしてみると、金利の適用は15.0%で最大返済回数は78回です。

最大返済回数78回で返済を行うのであれば、毎月の返済金額は40,288円と計算されます。

Jスコアで200万円を借りる場合においては、金利12.0%が適用されても、返済回数118回で毎月の返済額は29,000円しかかかりません

もちろん返済回数が増えると利息負担額こそ増えますが、Jスコアなら追加返済も実践できます。

大手消費者金融よりも低金利での借入を実現したい人や、毎月の返済額を抑えたい人にはJスコアのAIスコア・レンディングが向いています

 

低金利が魅力のJスコアでおまとめローンを組んで総返済額をおさえよう

複数の消費者金融で借入をしているときには、1社あたりの借入が少額になりやすく、こうなれば常に上限金利が適用されてしまいます。

このままでは毎月の返済額や総返済額は厳しくなりますので、負担を減らして完済したいのならJスコアでのおまとめローンを検討してみましょう。

借り換えやおまとめローンに利用可能なAIスコア・レンディングの返済方式は、残高スライドリボルビング方式です。

元金と利息を合わせた毎月の最低返済額は借入残高で変わりますから、Jスコアで総返済額を抑えるためには追加返済に注力する手順も欠かせません。

返済方法としては口座振替と銀行振込のほか、ペイジーから選べますが、口座振替では追加返済を実行できないので注意してください。

銀行振込とペイジーのいずれかであれば、追加返済や一括返済を行えますし、AIスコア・レンディングにて完済までの時間短縮を見込めます。

ちなみにJスコアのAIスコア・レンディングはローンカードが発行されないこともあって、大手消費者金融のように提携ATMを活用できません。

Jスコアの最大返済回数も120回に対応していますが、契約極度額が少ないと36回や60回しか選べないので要注意です。

 

Jスコアは総量規制の対象!おまとめは総量規制の範囲内で!

消費者金融のJスコアには貸金業法の総量規制が適用されるため、年収の3分の1を超える貸し付けはそもそも行われていません。

総量規制は情報共有されますので、他社から年収の3分の1ほど既に借入をしていると、JスコアのAIスコア・レンディングは審査落ちになります。

AIスコア・レンディングの利用目的がおまとめローンや借り換えであっても、こうした総量規制の影響は避けられません。

Jスコアをおまとめローンとして役立てたいときには、申込み前に総量規制の範囲内で活用できるかどうかを確かめてみましょう。

もしも総量規制の上限に該当している場合には、Jスコアではなく、銀行や貸金業法に基づくおまとめローンを扱っている他社のみ利用できます。

取り扱っている金融機関は限られますが、貸金業法に基づくおまとめローンは、特例で年収の3分の1を超える契約が可能なローンです。

貸金業法に基づくおまとめローンは利用限度額が少ない場合も見られますし、特例とはいえ貸付条件が必ずしも良いわけではありません。

 

 Jスコアでおまとめローンを組むメリット

JスコアのAIスコア・レンディングでおまとめローンを組む代表的なメリットは、金利の低さと利用限度額の高さになります。

消費者金融ながらJスコアは銀行カードローンよりも低金利なうえに、利用限度額は10万円から最大1,000万円まで対応しています

総量規制が影響する一方で、借入の一本化と負担軽減を同時に望めることが、Jスコアでおまとめローンを組むメリットに当てはまります。

消費者金融なので平日なら最短即日融資を受けられることや、ネット完結でお金を借りられることもJスコアのメリットです

Jスコアは外国籍でも借入を果たせますし、資金使途が投機性資金や事業性資金を除いて自由なこともJスコアのメリットに含まれるでしょう。

 

最高12%と低金利

カードローンの金利には利息制限法が適用され、利息制限法の上限金利は20.0%になっています。

大手消費者金融は、利息制限法の上限金利よりも2.0%低い18.0%程度を上限金利に定めています。

銀行カードローンの上限金利は大手消費者金融よりもさらに低く、14.5%ほどに設定される傾向があります。

Jスコアの上限金利は、銀行カードローンの一般的な金利水準と比べても低い12.0%です。

AIスコア・レンディングの金利はAIスコアにあわせて引き下げられ、様々な条件を満たせるのなら下限金利0.8%も夢ではありません。

下限金利の適用にはAIスコア以外の条件も求められますから、下限金利ではなく上限金利を他社と比較して判断することが大切です。

 

 おまとめローンを組んだ人の口コミによる評価

JスコアのAIスコア・レンディングでおまとめローンを組んだ人からは、どのような口コミが出ているのでしょうか?

おまとめローンや借り換えをJスコアで行った人の口コミ情報をチェックしてみましょう。

 

・審査申込み時の電話でスコアアップの案内を受けられた

AIスコアの情報入力は楽しみながら行えましたし、審査の申込み時にはスコアアップの方法も案内してもらえました。
結果として金利が1.5%も下がったので、Jスコアは低金利なおまとめローンを探している人におすすめできると思います。(40代女性)

 

・AIスコア600前半でも上限金利にならなかった

AIスコアの入力に少し手こずりましたが、審査はスピーディーでスコア600前半でも金利が11.0%になりました。
融資額が大きいうえに低金利なローンですから、AIスコア・レンディングはおまとめ目的にあっています。(30代女性)

 

・ペイジーでの返済が手数料無料になっている

ペイジーを返済方法に選ぶと契約時に返済日を指定できるのみならず、手数料無料で返済を続けられます。
公共料金の支払いにペイジーを使用しているのなら、ペイジーに対応しているJスコアでの借り換えが便利です。(30代男性)

 

Jスコアでおまとめローンや借り換えを行った人からは、AIスコアの楽しさや低金利な特長が評価されている様子でした。

想定よりも高額を借りられたといった意見のほか、電話対応やペイジーなどをポジティブに評価する意見も並んでいます。

 

 AIスコアと契約限度額の関係

AIスコアとは、利用者の信用力と可能性を総合的にスコア化した指標であって、利用者がデータを提供する形で算出されます。

JスコアのAIスコア・レンディングは総量規制の影響を受けますが、基本的に1,000点満点のAIスコアで契約限度額が決まります。

AIスコアが600点から699点であれば、契約限度額は150万円までとなり、700点から799点では契約限度額260万円まで期待できます

800点から849点は400万円まで、850点から899点は540万円まで、900点から949点なら730万円までそれぞれ借りられるかもしれません。

最大1,000万円を借りるためには、AIスコアが950点から1,000点に達している必要があるでしょう。

なお、契約限度額は最低でも10万円からとなりますので、総量規制を考慮すると審査通過には少なくとも30万円以上の年収が求められます。

総量規制の範囲内でお金を借りたくても、総量規制の上限まで確実にお金を借りられるわけではないので気をつけてください。

 

金利や限度額を金利の低い3大他行と比較検証

日本3大銀行と称されているのは、三菱UFJ銀行と三井住友銀行のほか、みずほ銀行です。

これらの銀行カードローンはいずれにしてもJスコアのAIスコア・レンディングと同じく、おまとめローンや借り換えに役立てることができます。

三菱UFJ銀行のカードローンはバンクイックと呼ばれ、金利は1.8%から14.6%で、利用限度額は10万円から500万円になっています。

三井住友銀行カードローンの金利は4.0%から14.5%であり、利用限度額は10万円から800万円まで対応しています。

みずほ銀行カードローンは金利2.0%から14.0%ですが、利用限度額は10万円から800万円で三井住友銀行カードローンと変わりません。

まず、AIスコア・レンディングの金利は0.8%から12.0%に過ぎないため、3大銀行のカードローンよりも低金利な特長が見て取れます。

加えて、AIスコア・レンディングの利用限度額は10万円から1,000万円なので、利用限度額を比較してもJスコアが上回っています。

銀行とは違って消費者金融のJスコアはスピーディーな審査が行われていますから、借り換えを急ぐ場合にもJスコアの利便性は高くなるでしょう。

 

 Jスコアでおまとめローンを組むデメリットはある?

通常の借入よりも厳しい審査になりかねないことが、Jスコアでおまとめローンを組む場合の代表的なデメリットです。

Jスコアでの借入にはAIスコア600点以上が必須となりますし、AIスコアにかかわらず審査落ちがあり得ることにも注意しなければいけません

申込みにはパソコンやスマートフォンを用いる手続きが欠かせないことや、総量規制を受けることもJスコアのデメリットに該当します。

銀行カードローンほどではありませんが、Jスコアでおまとめローンを組むと、返済回数が増加しやすいデメリットも生じます。

Jスコアへの借り換えで金利を下げても、返済期間を伸ばすのなら利息負担は増え、総返済額が大きくなる結果を招いてしまいます。

さらにローンカードが存在しないので提携ATMを返済に使えないことや、口座振替では追加返済を行えないこともJスコアのデメリットです。

Jスコアのメリットは多岐にわたりますが、Jスコアでおまとめローンを組むときにはデメリットも考慮しておきましょう。

 

 審査は厳しい傾向にある

JスコアのAIスコア・レンディングでお金を借りられるのは、契約時の年齢が満20歳から満70歳で日本国内に居住する人に限られています。

総量規制が適用されるうえに、継続的な安定収入がJスコアの審査条件に含まれるため、収入が全く無い場合にはJスコアでお金を借りられません。

ネットショップを運営する自営業など、収入が不安定な職業の場合には、本業とは別にアルバイトで安定収入を得る方法が選択肢のひとつです。

また、AIスコア・レンディングの申込み条件を満たしていても、おまとめローンを目的とするときには審査が厳しくなりかねません

複数社からの借入をまとめると借入の希望額は高額になりやすく、総量規制に該当せずともJスコアの審査は慎重に実践されます。

消費者金融や銀行のカードローンにおいては低金利になるほど、審査通過が難しくなることが一般的によく知られています。

Jスコアは銀行カードローンよりも低金利な特長を持ちますから、複数社からの借入をJスコアで借り換える場合には厳しい審査を覚悟しましょう。

 

 Jスコアで借りるならAIスコア診断600点以上が必要

JスコアのAIスコア・レンディングでお金を借りるときには、申込みと必要書類の提出に続けて、契約と借入の順に手続きを進めます。

AIスコア・レンディングの審査ではAI審査と信用情報のチェックが行われる一方で、AIスコア600点以上も審査通過の必須条件に相当しています。

AIスコア診断を先に始めない申込み方法もありますが、こちらを選んでもAIスコアが600点未満ならばJスコアからの借入は実現できません。

審査落ちのリスクにつながるだけですから、AIスコア・レンディングを申し込む際にはAIスコア診断から始める方法が適しています。

情報入力を進めてもAIスコアが600点に満たないのであれば、情報連携やハビットチェンジ機能も駆使してください。

ハビットチェンジ機能は行動の習慣化をサポートして、それをAIスコアへと反映する機能になっています。

申込み前に自分のAIスコアをシミュレーションしてみたいのなら、公式ホームページにあるデモスコア体験の活用が推奨されます。

 

AIスコアが高くても審査落ちする場合もある

AIスコア・レンディングでの借入は総じてAIスコアによって左右されますが、AIスコアが高くても審査落ちはあり得るので注意が必要です。

AIスコアを算出するうえで嘘を入力していると、申込み時にAIスコアが下がり、AIスコア・レンディングの審査落ちが発生します。

どれほどAIスコアを高めたくても、AIスコアの算出時に事実と異なる情報を入力してはいけません。

審査で提出する必要書類に不備があったり、審査の最終段階で行われる在籍確認の電話連絡に応じられない場合にも審査落ちは起こります

信用情報機関に事故情報が登録されているケースや、総量規制の上限まで他社で借入をしているケースでもJスコアの審査落ちは防げません

AIスコアはJスコアの重要な審査基準になりますが、おまとめローンを組むためには、AIスコア以外の要因にも目を向けることが大切です。

 

おまとめローンを組まなかった人の口コミによる評価

Jスコアでおまとめローンを組まなかった人からは、どのような口コミがあげられているのでしょうか?

おまとめローンに活用しなかった人からの評価を確かめ、Jスコアに借入を申し込むかどうかの参考にしてみましょう。

 

・他社からの借入を情報入力したらAIスコアが大幅に下がった

AIスコアの情報入力にて他社からの借入を入力したところ、AIスコアが大幅にダウンしました。
おまとめローンとして期待しましたが、利用限度額の見込みが足りず、申込みを断念する結果となりました。(20代男性)

 

・インビテーションステッカーやパンフレットが自宅に届く

家族に隠して他社から借入をしていることもあって、Jスコアでのおまとめローンを検討しました。
ネット完結でカードも届かないようですが、インビテーションステッカーやパンフレットが簡易書留で届くと記載されていました。
Jスコアは初回利用時に郵便物が届きますので、家族バレをしたくない人には不向きかと思います。(50代女性)

 

Jスコアのネガティブな口コミでは、AIスコアのスコアアップが難しいといった意見が出揃っています。

おまとめローン目的の人においては、他社からの借入でAIスコアが低下したという口コミが多い様子でした。

 

 Jスコアでおまとめローンを利用するのは有効か

AIスコア・レンディングは、日本3大銀行のカードローンと比べても、低金利で利用限度額が高い個人向け融資サービスです。

Jスコアをおまとめローンで活用して、追加返済に注力していけば、総返済額を抑えながら借入を完済できるでしょう。

AIスコア・レンディングをおまとめローンに利用することは望ましいものの、審査は厳しく、AIスコア600点以上も不可欠です。

貸金業法に基づくおまとめローンとは異なりますし、総量規制によってJスコアで借入不可能なケースは珍しくありません。

総量規制やAIスコアといった要因を問題なくクリアできる人においては、Jスコアでのおまとめローンが向いています。

 

まとめ

複数社からの借金を低金利な1社にまとめ、返済の負担軽減を目指す方法がおまとめローンや借り換えです。

こうした目的を果たすためには、貸金業法に基づくおまとめローンを活用する方法が一般的な選択肢に当てはまります。

対して、JスコアのAIスコア・レンディングは、総量規制こそ避けられませんが、おまとめローン向きな特長を兼ね備えた融資サービスです。

AIスコア・レンディングの金利は0.8%から12.0%なので、日本3大銀行のカードローンよりも低金利でお金を借りられます

銀行振込やペイジーを返済方法に選ぶと追加返済も行えるため、おまとめローンとして総返済額を抑えることも難しくありません。

契約限度額の増加には高いAIスコアが求められますから、おまとめ目的であればJスコアのAIスコア診断から受けてみましょう。

福岡銀行はおまとめローンの口コミと3つの消費者金融を金利で比較!
横浜銀行カードローンおまとめローンの安全な借入法とは!?徹邸解説&借入3大注意点も検証!!

関連記事一覧