絞込条件
限度額
下限金利
即日融資
200万借入の金利
400万借入の金利

群馬銀行は「おまとめ太郎」でおまとめローンできる?審査は甘い?

多重債務に苦しんでいる時に打つ手の1つに、おまとめローンがあります。

このおまとめローンは地方銀行を中心として、積極的に提供されているローン商品です。

ここでは群馬県を中心に営業をしている群馬銀行の、おまとめローンについて調べてみました。

 

群馬銀行はおまとめローンに使える?

先述しましたが近年では地方銀行が、積極的におまとめローンを提供しています。

群馬銀行もその例に漏れず、おまとめローンが可能です。

実はローン商品については、かなり幅広く対応しているのが群馬銀行だと言えるでしょう。

一般的な使い道が決まったローンだけではなく、様々な使い道があるフリーローンまで幅広く揃えています。

消費者金融などと比較すると、金利の設定も低いため使いやすいローンが多いのも特徴です。

 

群馬銀行のおまとめローン商品紹介!

群馬銀行はおまとめローンや、似た使い方ができるフリーローンを各種用意しています。

代表的なものとしては2つあります。

1つはおまとめ太郎という、ローン商品です。

その名称通りに公式で他社からの借り換えを目的とした、フリーローンになります。

年利にして4.6%~14.5%の金利なのですが、借入限度額が最大で300万円と少なめなのが気になる点です。

もう1つは、ぐんぎんネットDEローンです。

こちらもフリーローンの1つで、借り換え用途して使うことができます。

金利は4.9%~14.8%とおまとめ太郎と比較すると、若干ではありますが高めの設定です。

ただし借入限度額が700万円と枠が大きいのが特徴になります。

群馬銀行でおまとめローンを利用するのなら、この2つの内のいずれかを選ぶようにしてください。

 

「フリーローン・ぐんぎんネットDEローン」特徴解説

では群馬銀行のフリーローンの1つ、ぐんぎんネットDEローンの特徴を解説していきます。

基本的な情報としては金利が4.9%~14.8%であり、借入限度額が最高700万円というのはお伝えした通りです。

おまとめローンとして他社からの借入を一本化する使い方以外にも、様々な利用ができます。

返済期間も最長で7年と長めであり、余裕をもった返済ができるでしょう。

また見積書や所得証明書などの書類が、原則として不要である点も特徴の1つです。

必要書類が少ないほど手軽に申込ができるためです。

ちなみに所得証明書については、借入希望額が300万円を超えたケースでのみ必要となります

 

「フリーローン・ぐんぎんネットDEローン」のメリット

ではぐんぎんネットDEローンの、メリットから見ていきます。

その名称通りにネットから申込が可能なローンです。

契約までネット上で完結できるため、来店する必要がありません

また地方銀行が提供しているフリーローンの中では、契約から融資までのスピードが速いほうです。

最短だと申込から翌2営業日で振込をしてくれます。

手順に不安があるとしても、1週間程度もあれば十分でしょう

他行だと2週間から3週間ほどかかるケースもあるので、このスピード感は魅力です。

特に多重債務の状況で返済にも困っているという人であれば、直ぐにでも振込をしてくれるぐんぎんネットDEローンが効果的でしょう。

申込をした人が本人かどうかの確認電話を、携帯電話に指定しておけば家族にばれることもありません

他にも書類が少なくてすむというのもメリットです。

本人確認のための身分証明書のみが必須で、運転免許証やパスポート、健康保険証のいずれかを用意してください

ただし健康保険証の場合は、本人名義の公共料金の領収書もあわせて必要です。

先にも述べましたが、借入希望額が300万円以上になると、所得を証明する書類が必要となります。

給与所得者ですと源泉徴収票や、住民税の決定通知書を用意してください。

自営業の人だと税務署が発行している納税証明書が必要です。

 

「フリーローン・ぐんぎんネットDEローン」のデメリット

反対にぐんぎんネットDEローンのデメリットを考えてみます。

最も大きいデメリットは、群馬銀行の口座を持っている人が対象であるという点です。

逆に言えば口座を持っている人だからこそ、ぐんぎんネットDEローンの申込時に書類の必要が少なくなっています。

WEB完結という手法がとれるのも、従来の顧客であるからだと言えるでしょう。

また群馬銀行の営業管轄エリア内に在住しているか、勤務しているのかもデメリットになります。

日本全国には対応していませんので、この点は注意が必要です

群馬銀行は地方銀行ですので当然と言えば、当然かもしれません。

もう1つ大きなデメリットとしては返済にあります。

ぐんぎんネットDEローンの返済方法は、元利均等返済です。

随時返済にも対応をしているのですが、全額繰り上げ返済をする時には手数料がかかります。

融資の残存期間が1年以上あるケースという条件がつくのですが、手数料が5500円必要なのです。

ただ残高にもよるのですが1年以上の利息を支払うことを考えると、手数料の方が安くつくでしょう。

無理をして全額繰り上げ返済をする意味もありませんが、こうした手数料がかかることは知っておくべきです。

 

「フリーローン・ぐんぎんネットDEローン」の口コミを紹介

では群馬銀行のフリーローンである、ぐんぎんネットDEローンの口コミをいくつか紹介します。

 

多重債務で困っていました。返済ができなくなる前に、ローンを一本化した方がいいと知人からアドバイスを受けて、ぐんぎんネットDEローンを利用しました。

金利も上限金利ではない設定になりましたので、随分と返済が楽になりましたよ。(40代男性)

 

アルバイトでも申込ができると聞いて、ぐんぎんネットDEローンを利用しました。

ネットだけで契約までできて、とても便利ですね。

自分は2社からの借入がありましたが、審査に通ることができて良かったです。(20代男性)

 

家族からのすすめでぐんぎんネットDEローンに申込をしました。

おまとめ太郎の方だと借入限度額を超えるため、こちらを選びましたが借金の返済額が減って、生活に余裕ができましたね。(50代男性)

 

以上が群馬銀行のぐんぎんネットDEローンの口コミです。

 

「フリーローン・ぐんぎんネットDEローン」申込み手順

次にぐんぎんネットDEローンの申込手順を確認します。

ネットDEローンとあるだけに、インターネットから申込にも対応しているので、非常に便利です。

ただし群馬銀行の口座を持っている人が対象になります。

仮に口座を持っていないのなら、先に作っておく方がスムーズに話が進むでしょう。

ちなみに口座開設ですが、こちらもインターネットから申込ができるようになっています。

では申込に関わるいくつかのポイントを解説します。

 

申し込み手続きの方法

では実際に群馬銀行のぐんぎんネットDEローンに、申込をする時の方法を解説していきます。

群馬銀行のWEBサイトから申込をするのですが、最初はインターネット仮審査というところをクリックしてください。

情報の記入ページに移りますので、記入後に送信をします。

最短で申込の翌営業日には、仮審査の結果が届くでしょう。

この結果で通っていれば、本審査に移るという流れです。

本審査でも問題がなければ、インターネットで契約手続きをします。

契約が終われば、指定をした日に返済用に指定した口座に入金をしてくれます。

 

在籍確認はどのような内容か

群馬銀行のぐんぎんネットDEローンでは在籍確認があります

その内容としては特にありません。

実際に申込時に記入した会社に在籍していることがわかれば、問題なく終わります。

この時に職場でバレるのではと心配する人も多いでしょうが、そこまで心配する必要はありません。

そもそも電話確認といっても、群馬銀行ですがといった切り出し方はしないためです。

必ず個人名で電話をかけてくれるので、安心してください。

ただし会社名などを問われると、その限りではないでしょう。

基本的に金融機関としても守秘義務が発生しますので、迂闊に電話をすることがないのです。

ただ職場や勤務先によっては、電話されると困るケースがあるでしょう。

そうした時は事前に相談をするようにしてください。

群馬銀行としても、ある程度は柔軟に対応をしてくれます。

なぜなら審査でも最終段階でこの在籍確認を行うためです。

確認が取れれば融資が決まる状態ですので、ビジネスチャンスを逃さないため、ある程度は要望を聞いてくれます。

例えば自営業を家族で営んでいて、個人名の女性から電話がかかってくると困るケースもあるでしょう。

そうした時は男性スタッフに電話をして欲しいと相談してください。

他にも職場に外から電話がかかってくることがない、というようなケースもあります。

その場合は自分が職場にいる時に電話をしてもらえば、自分で電話を取ることができるでしょう。

他の場合でも何かしら理由があるのなら、事前に相談をしておくと代替案を出してもらえる可能性があります。

 

返済方法・返済方式

ぐんぎんネットDEローンの返済方式や方法についても確認します。

返済方式ですが元利均等返済が採用されています。

フリーローンであるぐんぎんネットDEローンでは、最初に融資額を決定して追加での融資はありません

そのため最初に返済期間に応じて、元本と利息の返済を合計して毎月均等に支払いをするようにしています。

この返済方式が元利均等返済と呼ばれるものです。

ただし6ヶ月ごとに増額返済を行うこともできます

これは支払いに余裕ができた時に、任意に支払いをするものです。

元本を減らすことができるため、効果的に利用すると利息の支払いを減らせます。

この増額返済分については、融資金額の50%以内であることが条件です。

つまり最初に融資から半額を返済すれば、一気に返済するのも可能となります。

この時に1年以上の残存期間があれば、5500円の手数料がつくのは上でも述べた通りです。

 

審査に落ちないための対策

次にぐんぎんネットDEローンで審査に落ちないようにするには、どうするのかを考えてみます。

多重債務で返済にも困るようであれば、審査に必ず通りたいとする人も多いでしょう。

ですが誰しもが必ず通る方法というのはありません。

そこで審査に通りやすくなる条件などを調べてみました。

ただしここでお伝えしたことを実践したとしても、審査に必ず通るわけではありません。

 

しっかり審査基準を確認する

審査に落ちないためには審査基準を確認するのも重要です。

ただ群馬銀行だけではなく、どの金融機関も審査の基準を公表していません

そのため一般的によく言われる基準を守ることが大切です。

最も重視したいのが収入に対する、借金の総額でしょう。

1つの目安として考えられるのが、年収の3分の1というラインです。

これは消費者金融などが貸付できる最大額と同じなのですが、このラインを超えると生活を圧迫されるための数字になります。

銀行には年収の3分の1という貸付基準がありません。

ですが住宅ローンやカーローンは別として、フリーローンで大きくこのラインを超えるような、貸付を行っていないのも事実なのです。

そのため年収に対して借入総額が多いという場合は、ある程度減らしてから申込をした方が無難でしょう。

借金を減額してから申込の余裕がないという場合は、一本化するのは諦めて、一部だけでも完済するのを目標としてください。

仮に100万円の借金総額があったとして、年収的に100万円の借入が難しい場合は、借入希望額を70万円~80万円程度にします。

この借入希望額で完済できるところは完済し、残りも返済にあてておくと借金を減らせるでしょう。

残りはぐんぎんネットDEローンと、完済できなかったものの残債となります。

ただ金利そのものが低くなるため、ある程度は返済も楽になるはずです。

 

シミュレーション確認

ぐんぎんネットDEローンをする前には、返済シミュレーションを活用しておくといいです。

群馬銀行では2種類のローンシミュレーションを用意しています。

月々の返済額がどの程度になるのかというものと、月々にどの程度の返済額なら可能かから、借入額を逆算できるものです

先にもお伝えしましたが、収入と借金総額の割合は審査において非常に大きなポイントになります。

そのため現在の支払い額から借入できる額を、シミュレーションで確認してくといいです。

審査そのものではありませんが、群馬銀行が提供しているものなので参考にはできるでしょう。

 

申し込み内容の相違に注意する

群馬銀行のおまとめローンでは、仮審査と本審査の2つがあります。

この時にやってしまいがちなのが、申込内容に差をつけてしまうというものです。

審査に落ちたくないという気持ちから、心持ち収入を増やしてしまったり、逆に借金総額を少なく記入する人がいます。

仮審査の時には正直に書いていても、本審査では心が動いて違う数字を書いてしまうケースは少なくありません。

ですがこうした申込内容の相違というのは、審査に落ちる条件でもあるのです。

故意に記入する場合もありますが、誤記入してしまうケースも考えておいた方がいいでしょう。

悪気がなく記入ミスをしたとしても、銀行側は申込された内容で判断をします。

そのため仮審査に申込をした時の内容を保存しておき、本審査でも間違えないように入力してください

ちなみに借金の総額を減らすなどした場合は、直ぐにバレてしまいます。

なぜなら銀行は必ず個人信用情報にアクセスをして、借金の返済状況なども確認するためです。

多少ならミスで許される場合もありますが、酷い時には詐欺として訴えられる可能性もあります。

ですので必ず正直に、正確に記入するようにしてください。

 

借入件数に注意する

おまとめローンを利用する時には、借入件数にも注意が必要です。

借金を一本化するためのローンが、おまとめローンになります。

ぐんぎんネットDEローンは商品名こそ冠していませんが、使い道として公式に借り換えを推奨していますので、おまとめローンの1つだと言ってもいいでしょう。

そうした性質であるのに、借入件数に注意するというのは、どういう意味なのかを考えます。

一般的なローンを利用する時に、借入件数が複数あると審査はかなり厳しくなるのです。

おまとめローンでもその傾向は同じですが、若干基準が緩くなると考えてください。

もともと多重債務の状況からの一本化をするためのものなので、複数の借入先があっても問題はありません。

ただ5社程度あると、ほぼ審査には通るのは無理になってきます。

いかに一本化のためのローンでも、できれば2社から3社にするようにしましょう。

仮に3社~4社程度の借入先があるのなら、借入利用枠などを上手に利用して先に完済することを考えてください

 

おまとめローンを選ぶ際のポイント

次におまとめローンを選ぶ時には、どのようなポイントをみておくべきかを確認します。

最も重視したいのが金利と借入限度額です

勘違いをしている人も多いのですが、おまとめローンとは借金の減額にはなりません。

金利の低い金融機関で借り換えをすることで、利息の支払いを減らしたり、返済額を減らすことができるものです。

そのため金利の低さは重要になります。

ぐんぎんネットDEローンの金利は細かくいうと、4.9%、6.5%、9.8%、12.5%、14.8%です。

審査の結果でこのうちのいずれかの金利が適用されます。

消費者金融からの借り換えをする場合に、元の金利はおよそ18%程度でしょう。

18%と比較をすると、上限金利である14.8%が適用であっても利息は随分と軽減できます。

この時に注意したいのが、返済期間でしょう。

ぐんぎんネットDEローンでは最長で7年の返済期間がとれるのですが、長くなると金利は低くても利息が多くなります。

つまり総支払額が下手をすると、借り換え前よりも多くなる可能性もあるのです。

ですが無理に支払いを増やしても、生活が困るだけですので、先にもお伝えしたように事前シミュレーションが重要になります。

金利は低いほど、借り換えをするおまとめローンでは有利です。

ですが借入限度額が低くければ、意味がなくなります。

借入希望額が限度額を超えるようなケースでは、せっかくのおまとめローンも使えないためです。

そこで借入限度額というのも、借金総額によっては重視しなくてはいけません。

ぐんぎんネットDEローンでは、最大で700万円までの融資ができますので、かなり大型のおまとめでも大丈夫でしょう。

 

フリーローンかカードローンどちらにすべきか

おまとめローンには、大きく分けると2つのタイプがあります。

フリーローンとカードローンです。

地方銀行が提供しているおまとめローンの多くは、フリーローンタイプになります。

ではカードローンと、どのような違いがあるのでしょうか。

フリーローンとは、使用目的を問われないローンのことです

借入する額が決まっていて、追加での融資はできません。

一方のカードローンも、使用目的は問われないローンになります。

フリーローンと違うのは、借入額ではなく借入限度枠になる点です

枠という形になるため返済をして余裕ができれば、その分はまた借入することができます。

まとめると追加融資が受けられないフリーローンと、枠内は自由に使えるのカードローンという形です。

 

どちらがおまとめローンに向いているのかですが、これは考え方次第だとも言えます。

フリーローンは追加での融資が受けられないため、返済をすることに専念できるのが特徴です。

多重債務になる人は安易にお金が借りる先があると、直ぐに借りてしまう傾向があります。

ですがフリーローンを利用して、完済した金融機関とは契約を解除すれば、気軽に借金ができなくなるのです。

他方であるカードローンでは、枠があけば追加で融資を受けられます

返済に専念するかどうかは、その人の意思次第となるでしょう。

ただ万が一に何かしらのトラブルが起こった時、気軽にお金を借りることができる安心感はあります。

このどちらを有利とするかは、人によって異なるでしょう。

ただ借金を増やしたくない、というのならフリーローンがおすすめです。

 

テレビCMに惑わされない

テレビでは消費者金融を初めとして、様々な金融機関がCMを使って宣伝をしています。

こうした宣伝に釣られてしまって、借金を繰り返す人も少なくありません。

確かに日常生活を送っていると、不意にお金が必要になる場面というのはあります。

この時に安易にお金を借りて解決するのは、よくありません。

どうしてもお金がないのなら借入するしか解決できませんが、借りるのを当たり前にすると、多重債務になってしまいます。

そうならないように借りたら返すまでは、新しく借りないようにすることが重要です。

 

総量規制と群馬銀行のおまとめローンの関係

最後に総量規制と、群馬銀行のおまとめローンについても考えておきましょう。

総量規制とは貸金業法の中にあるもので、年収の3分の1までしか貸付ができないというものです。

これは貸金業法を根拠とする消費者金融や、信販会社に適用されます。

一方で群馬銀行などについては、貸金業法ではなく銀行法を根拠として営業をしているのです。

そのため総量規制については、銀行のおまとめローンは対象外という扱いになっています。

つまり年収の3分の1以上でも融資ができるのですが、銀行としては貸し倒れのリスクが増すため慎重になっているのが現状です。

 

まとめ

群馬銀行のおまとめローンである、ぐんぎんネットDEローンについっての情報でした。

実は群馬銀行はフリーローンを他にも用意していて、おまとめ太郎という商品もあります。

他社からの借り換えを目的としたものですが、借入限度額が300万円と低めなのが問題でしょう。

一方でぐんぎんネットDEローンも、おまとめローンとして活用するのを群馬銀行が公式で認めています

こちらは最大で700万円まで借入ができるので、大型のおまとめにも使えるのが特徴です。

広島銀行マイライフプラスはおまとめローンに使える!?専用ローンではないが使えない
京都銀行はおまとめローンで使える?総量規制対象外で借り換えなら

オススメのおまとめローン