絞込条件
限度額
下限金利
即日融資
200万借入の金利
400万借入の金利

筑波銀行のおまとめローンとは?メリット、デメリットを解説してみた

消費者金融などからの借入で、生活が苦しい人も少なくありません。

そうした時におまとめローンを使うと便利でしょう。

債務整理ほどデメリットがなく、ある程度は返済に余裕が持てるためです。

ここでは筑波銀行が提供するおまとめローンに、スポットをあててみます。

メリットやデメリットなどについても検証します。

 

筑波銀行のおまとめローンとは?

筑波銀行ではおまとめローンではなく、おまとめフリーローンという名称でサービスを提供しています。

金利は6.8%~14.6%、融資金額は10万円~500万円です

さらに融資資金が最長で10年となっているので、高額のおまとめであっても返済に困ることはないでしょう。

またwebから24時間申込できるのも特徴の1つです。

公式に借金の借り換えができるとの表記があるので、ある程度は審査にも融通を利かせてくれるのではないでしょうか。

基本的に銀行系のローンは他社からの借入を嫌うものですが、おまとめローンではそうはいかないためです。

ただあまりにも借入件数が多いと問題なので、できるだけ少なくしてから申込をするのがポイントでしょう。

では他にどんな条件があるのかを確認していきます。

 

筑波銀行のおまとめローンの申込条件

筑波銀行のおまとめローンの申込条件から確認します。

申込条件とは年齢に関するもの、収入に関するもの、保証に関するものの3つに分類できます。

ではそれぞれの条件について、どうなっているのか検証しましょう。

 

満20~69歳(完済時が満75歳まで)まで申込できる

では筑波銀行おまとめローンの年齢条件から確認します。

申込時の年齢が満20歳以上であり、満69歳以下となっています。

さらに上限年齢に関しては、完済時の年齢が満75歳以下である必要があり、電話連絡が可能な方です。

 

年金以外に安定した収入がある人

次に筑波銀行おまとめローンの収入条件も確認します。

収入条件は安定継続した収入がある方となっていて、特に年収による制限は設けられていません

正社員のみではなく、パートやアルバイトでも問題ありません。

つまり派遣社員や契約社員であっても、安定して継続した収入があれば大丈夫です。

ここで注意したいのは、短期の仕事を重ねるよりも、長期間の仕事を行う方が評価が高い点でしょう。

特にアルバイトなどはその傾向が顕著で、単発アルバイトをしている人よりも、シフト制で長期間仕事をする人が評価されます。

 

筑波銀行の営業エリアに居住か勤務している

筑波銀行おまとめローンの申込条件で特徴的なのは、申込者の限定があるという点です。

筑波銀行は地銀ですので、基本的にその営業エリア内にいる人しか対象としていません。

公式に当行営業区域内に居住、もしくは勤務している人を対象とするとの表記があります。

筑波銀行の営業エリアとしては茨城県全域に加えて、栃木県の一部地域、埼玉県の春日部市、千葉県の一部地域と東京都の足立区です。

もし自分の居住する地域、または勤務地が対象かどうかを知りたい時は、電話で確認をした方が早いでしょう。

 

アイフル株式会社の保証が受けられる

筑波銀行のおまとめローンの申込条件で、最後になるのがアイフルの保証を受けられる人とする点です。

これは言い換えると、審査はアイフルが行うとなります。

アイフルはご存じの方も多いでしょうが、大手消費者金融の1つです。

近年では自社で融資をするだけではなく、こうした保証会社として地銀などと提携をしています。

しかし銀行がなぜアイフルと提携するのか、不思議に思う人も多いでしょう。

これは銀行側に無担保ローンの、ノウハウが少ないからです。

基本的に銀行は担保や保証人をつけた、企業相手の大口融資をメインとした融資業務をしています。

個人向けの無担保無保証の小額融資については、業務としては主流ではないのです。

そのためノウハウがないので、こうした保証会社をつけています。

ちなみにアイフルが審査を行いますので、過去に同社で金融事故を起こしていると、審査に通りにくくなるでしょう。

 

筑波銀行のおまとめローンの審査に落ちる特徴

では次に筑波銀行おまとめローンの審査で、落ちる人の特徴を確認しておきます。

前段でお伝えしたように筑波銀行では、保証会社としてアイフルと契約をしています。

そのためアイフルが審査を行っているのですが、特徴的な注意点について幾つか紹介していきましょう。

 

虚偽の申告をしている

筑波銀行のおまとめローンに限らず、審査で落ちる理由として多いのが虚偽の申告をしているケースです。

また虚偽ではないものの、勘違いをしていた、記入ミスなどの例もよく見られます。

基本的に申込書に虚偽の内容を書くのは避けてください。

特に他社からの借入件数や借入額、自身の年収などの数字をイジるケースが多く目立ちます。

こうした情報は信用情報を照会すれば、ほぼバレてしまうので絶対に嘘の申告はしないでください。

よくある年収のケースですが、できるだけ正確に申告しましょう。

例えば年収390万円の人が400万円とするのは、ギリギリでOKかもしれません。

ですが360万円の人が四捨五入で400万円とするのはNGです

虚偽の申告をして審査に落ちる程度ならまだ良いですが、最悪は詐欺と判断されて警察に通報される可能性もあります。

ですので故意に虚偽の申告をしていないとしても、記入ミスなどがないか申込前に必ず確認してください。

 

他のローンで延滞をしている

筑波銀行のおまとめローンに限った話ではないですが、他社からの借入について返済の延滞などをしているケースも審査に落ちる可能性がかなり高いでしょう。

こうした返済の遅延や延滞は、信用情報に記載されるためです。

信用情報は自身の社会的な信用度を示すだけではなく、ローンの返済状況なども記載されています。

そのため他のローンで延滞などをすると、審査でかなり不利になってしまうのです。

特に若い人に多いのが、携帯電話を割賦購入している時の支払いでしょう。

携帯電話の利用料金と合わせて請求されるため、使いすぎた月などは引き落としされなかったなどのケースがあります。

こうした場合でも頻度が高いと、信用情報で不利になるのです。

 

ブラックリストに載っている

最後のブラックリストに載っているですが、これも筑波銀行のおまとめローンに限った話ではありません。

ここで言うブラックリストには、2つの意味があります。

1つは先程お伝えした信用情報に、金融事故の情報が掲載されているケースです。

例えば債務整理を行った過去がある、返済や遅延を繰り返しているなどの情報が該当します。

これらの情報が記載されていると、ほぼ審査に通りません。

もう1つの意味としては、過去にアイフルで金融事故を起こしたパターンです。

アイフルで借金をしていて返済が何ヶ月も遅れた、などのことがあると、ブラックリストに掲載されます。

信用情報は5年~7年程度で情報が削除されますが、アイフルの場合はずっと残るので注意してください

 

筑波銀行のおまとめローンのメリット

次に筑波銀行おまとめローンのメリットを考えます。

おまとめローンは様々な金融機関で提供していますので、他にも選択肢は沢山あるのです。

その中から筑波銀行のおまとめローンを選ぶ理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

7,17,27日の3つの返済日を選ぶことができる

筑波銀行のおまとめローンでは、返済日が選べます。

他地銀のローンでは、だいたい返済日が選べません。

月の中でこの日と決まっている形です。

ですが筑波銀行のおまとめローンでは、7日、17日、27日の3つの中から選ぶことができます

人によっては給料日が異なりますので、できるだけ余裕のある給料日近くの日を選ぶといいでしょう。

 

額が大きければ低金利になる

筑波銀行のおまとめローンでは、金利が6.8%~14.6%となります。

どの金利が適用されるのかは、審査によって異なるのですが、一般的には借入額が大きくなるほど低金利になるのです。

これは利息制限法でそう定められているからで、例えば10万円以下なら20%、50万円以下なら18%といったような形になっています

そのため筑波銀行のおまとめローンでも、できるだけ借入額を大きくすると、適用される金利が低くなるのです。

ただ審査に通らないと意味がありません。

総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上の額でも借入そのものは可能です。

ですが年収に比して大きすぎる額の借入希望を出しても、審査でほぼ落とされてしまいます。

 

審査が通りやすい

筑波銀行のおまとめローンですが、比較的に審査が通りやすいという評判があります。

申込をした全員が審査に通る訳ではないのですが、保証会社がアイフルであるだけに、基準が消費者金融になるのではと推測できるためです。

一般的に銀行系ローンは消費者金融よりも金利が低く設定されているため、審査そのものが厳しめであるとされます。

確かに借り手側が有利なほど、貸し倒れになった時のリスクが増すため、審査が厳しくなる傾向はあるのです。

ですが筑波銀行のおまとめローンは、アイフルが保証会社となっているので、比較的に審査に通りやすいのではないかという話です。

 

借り換え先の制限がない

おまとめローンを提供する金融機関は、大きく2つに分けられます。

1つは銀行や信用金庫などの金融機関で、もう1つは消費者金融などの貸金業者です。

貸金業者には年収の3分の1までしか融資ができない、総量規制があるのではと思う人もいるでしょう。

ですがおまとめローンとして提供しているものについては、総量規制の例外措置が取られるのです。

ただその場合は借り換え先の制限ができてしまうのです。

同じ貸金業者からの借入に限られ、クレジットカードのショッピング枠はまとめられません。

ですが筑波銀行のおまとめローンは、もともと総量規制の対象外ですので、そうした縛りがないのです。

つまり銀行系、貸金業者、クレジットカードのリボ払いなどすべてに対応可能となります。

 

筑波銀行フリーローンの申し込みも可能

筑波銀行のおまとめローンで、追加融資を受けるのが難しい場合は、もう1つのフリーローンの申込が可能です。

こちらの商品の概要としては、20歳以上で75歳以下の人で、電話連絡が可能であることが第一の条件になります。

他にも安定継続した収入がある人が対象で、パートやアルバイト、専業主婦に年金受給者でも利用可能です。

融資金額は10万円~1000万円以内ですが、10万円単位での融資になっています。

金利は4.5%~14.6%で、融資期間は6ヶ月~10年以内です。

似ているようで異なる点もあるので、こちらでの融資を考えてみるといいでしょう。

 

筑波銀行のおまとめローンのデメリット

では次に筑波銀行おまとめローンのデメリットも確認します。

筑波銀行のおまとめローンにも、デメリットになる部分があるのですが、あまり知られていないこともあるのです。

そこで注意すべきポイントとして紹介していきましょう。

 

額が少ない場合高金利になる

筑波銀行おまとめローンは、金利が6.8%~14.6%です。

ここで注意したいのが、金利そのものは特別低くない点でしょう。

確かに消費者金融などと比較すると、低めの設定になります。

ですが銀行系ローンとしては、標準的な水準なのです。

また上限金利である14.6%は借入額が少ないと、適用されるケースが多いです。

この金利が多少は高金利であるのが、ネックの1つでしょう。

 

最長10年なので返済額が多額になってしまう可能性もある

筑波銀行おまとめローンの特徴の1つが、ゆとりのある返済期間です。

最長で10年間となっているので、それなりの額を借りたとしても返済しやすいでしょう。

ですが返済期間を伸ばすほど、利息の支払いが増えるのです。

返済期間が伸びるほど返済額が減るため、どうしても完済までの利息が多くつきます。

多重債務で状況が厳しい場合は、ゆとりのある返済でも構いません。

そして生活に余裕が出てきたあとで、任意返済を使って返済期間の短縮をした方がいいでしょう。

 

筑波銀行のおまとめローンのネットでの評価

最後に筑波銀行おまとめローンのネットでの評価を確認します。

それなりに口コミでの評価があるので、良い面と悪い面の両方について調べてみました。

自分に合ったローンかどうか知るためにも、ネットでの評価は重要です。

 

良い評価

では筑波銀行おまとめローンの良い評価です。

アルバイトでも30万円の可決が貰えました。意外と早く審査の結果もわかったので、とても満足しています。(20代男性)

 

当初提示された金利が高いと思ったので、交渉をしてみた。少し下げて貰うことができたので、交渉してみるといいですね。(30代男性)

 

他銀行のおまとめローンで断られてしまったが、筑波銀行だと可決が貰えました。生活が困りそうだったので、本当に助かりました。(40代女性)

 

以上が良い評価になります。

 

悪い評価

次に悪い評価についても見ておきます。

事前にこちらが確認していなかったのも悪いが、可決後に取り扱い手数料で1100円かかってしまった。(30代男性)

 

筑波銀行のおまとめローンの審査で否決されました。その後に他のローンに申込をすると可決だった。どんな審査基準なのかよく分からない。(40代男性)

 

以上が悪い評価です。

 

まとめ

筑波銀行のおまとめローンについてでした。

正確にはおまとめフリーローンという名称になります。

銀行が提供するおまとめローンとしては、ほぼ標準的なスペックのものだと言えるでしょう。

金利も高くもなければ、低くもありません。

ただ総量規制の対象外ですし、返済期間が最長で10年あるので、生活が苦しい人は返済に余裕をもって計画が立てられるでしょう。

ただしローンを長期化すると、利息が増えるので総返済額が増えてしまいます。

そうした点も含めて、各種ローンの相談をするといいです。

 

大阪信用金庫のおまとめローン全種類を解説!メリット、デメリットも
仙台銀行のおまとめローンはどう?メリットデメリット、口コミも解説

オススメのおまとめローン