絞込条件
限度額
下限金利
即日融資
200万借入の金利
400万借入の金利

福岡銀行はおまとめローンの口コミと3つの消費者金融を金利で比較!

福岡銀行が取り扱う個人向け融資サービスのナイスカバーは、低金利が特長のWeb完結申込みを利用可能なおまとめ・フリーローンです。

複数の消費者金融からお金を借りている場合には、福岡銀行のナイスカバーがおまとめローンとして向いているのでしょうか?

ナイスカバーをおすすめできるケースや、3大消費者金融との金利比較に加えて、ナイスカバーの口コミや申込み方法などをご紹介します。

 

福岡銀行はおまとめローンも利用可能?

ふくおかフィナンシャルグループの完全子会社である福岡銀行は、国立銀行がルーツの福岡県福岡市に本店を置く地方銀行です。

福岡銀行はカードローンのみならず、おまとめ・フリーローンや教育に関するローンのほか、住宅や車に関するローンなども取り揃えています

おまとめ・フリーローンの商品は4つ用意されていますが、住宅ローンを活用していない場合に担保不要で借入できる商品は1つしかありません。

こうした条件に当てはまる福岡銀行のおまとめ・フリーローンは、ナイスカバーという商品名になっています。

ちなみに福岡銀行では、以前にナイスカバーといった商品名のカードローンを取り扱っていました。

新商品として福岡銀行カードローンの取扱いが開始されたこともあって、カードローンタイプのナイスカバーは既に取扱い終了を迎えています。

現在においては、おまとめ・フリーローンのナイスカバーだけが福岡銀行にてナイスカバーと称されています。

もちろんナイスカバーはおまとめローンとして役立ちますので、複数社からの借入を1社にまとめて返済の負担軽減を目指せます。

友人の連帯保証人になって借金を500万円ほど抱えてしまったケースなど、低金利で借金を完済したいのならナイスカバーの活用を検討してみましょう。

 

 福岡銀行おまとめローンの特徴

福岡銀行おまとめローンのナイスカバーは、おまとめや借り換え目的に限らず、家電購入や学費などにも重宝する使い道が自由なフリーローンです。

ナイスカバーの審査条件は基本的に満20歳から69歳以下であり、パートやアルバイトのほか、年金受給者であっても申込みを行えます

さらに利用限度額は10万円から500万円まで対応していて、ナイスカバーでの借入が50万円以下なら、審査で所得証明書を提出する必要もありません。

とはいえ、審査では継続的な安定収入が求められ、ナイスカバーの契約までには福岡銀行における普通預金口座の保有も不可欠です。

福岡銀行の口座を持っていなくても申込みは実践できますが、この条件下であれば申込み方法としてWeb完結申込みを選べないので注意してください。

一方で、ナイスカバーの融資期間は最長15年になりますから、毎月の返済額を抑えつつ借金の完済を果たせることもナイスカバーの主要な特徴です。

申込み方法や契約方法に応じて通常金利が切り替わりますし、ナイスカバーは大手消費者金融のカードローンよりも低金利な特徴を兼ね備えています。

ナイスカバーをなるべく低金利で利用したいときには、窓口契約や郵送契約ではなく、通常金利が低くなるWeb完結申込みを選ぶ手順が推奨されます

また、Web完結申込みでは駆使できませんが、ナイスカバーはがん保障特約付団体信用生命保険を付帯できる特徴も持ち合わせています。

福岡在住で福岡銀行の口座を保有している人にとって、福岡銀行おまとめローンのナイスカバーはメリットが多いフリーローンになるでしょう。

 

福岡銀行のおまとめローンはこんな方におすすめ

福岡銀行おまとめローンのナイスカバーは、複数の消費者金融から借入がある人におすすめの個人向け融資サービスです。

事業資金を除いてナイスカバーの資金使途は自由なので、ナイスカバーで借りたお金は旅行費用や結婚資金などにも利用できます。

加えて、ナイスカバーの契約までには福岡銀行の口座を要するため、ナイスカバーの活用は福岡銀行の口座を持っている人にあっています。

このほか、ナイスカバーは自分のペースで返済を続けたい人や、返済途中で起こりうる万が一の事態に備えたい人にもおすすめです。

なお、福岡銀行のナイスカバーは大手消費者金融のカードローンとは違って、スピーディーな審査や即日融資を実践していません

即日融資を何よりも優先するほど急いでお金を借りたいのであれば、福岡銀行のナイスカバーは不向きなサービスに数えられます。

 

複数の消費者金融から借入がある人

利息制限法の上限金利は20.0%であって、大手消費者金融の上限金利は、法律上の上限金利よりも2.0%低い18.0%程度に定められています。

限度額の増加にあわせて利息制限法の上限金利は下がりますから、一般的な消費者金融の上限金利も利用限度額が増えるほど低下していきます。

複数の消費者金融から借入をしている場合には、1社あたりの借入が少額になりやすく、適用される金利は総じて厳しくなってしまいます。

初回利用時に上限金利を適用する消費者金融も珍しくないので、複数の消費者金融から借入をしていると金利の負担はなかなか抑えられません。

複数社からの借入では毎月の返済に手間もかかりますし、返済計画を立てて対処しにくい状況が長く続きます。

福岡銀行おまとめローンのナイスカバーを活用するのなら、借入の一本化によって返済の手間を省けるうえに低金利での借入を狙えます

複数の消費者金融から借入がある人には、福岡銀行が用意しているナイスカバーをおすすめできるでしょう。

ただし、ナイスカバーの審査通過を果たすためにも、前もって少額なローンはなるべく完済しておく手順が望ましくなります。

ナイスカバーへの申込みでは、申込金額を可能な限り少なくして、審査通過の可能性を高めることが大切です。

 

 福岡銀行の口座を持っている人

ナイスカバーの申込み時には福岡銀行の口座を保有していなくても構いませんが、契約までには福岡銀行の口座を作成しなければいけません。

結果的に口座の保有はナイスカバーの必須条件に該当していますので、ナイスカバーは福岡銀行の普通預金口座を持っている人に向いています。

事前に福岡銀行の口座を開設している人においては、ナイスカバーのWeb完結申込みを通して、低金利でお金を借りられるメリットも得られます。

また、福岡銀行で普通預金口座を開設する場合には、店頭窓口に足を運んで行う口座開設のみならず、アプリを使った口座開設も選択できます。

口座開設アプリを使うと、24時間申込み可能なうえに、来店不要のアプリ完結で福岡銀行の普通預金口座が手に入ります。

とはいえ、キャッシュカードが届くまで2週間から3週間ほどかかりますし、印鑑票に署名・捺印して返送する手間も避けられません。

福岡銀行の普通預金口座を持たずにナイスカバーの審査を通過したときには、契約手続きそのものを福岡銀行への来店で済ませましょう。

 

 自分のペースで返済がしたい人

借入金額や会社などによって左右されますが、消費者金融のカードローンでお金を借りる場合の融資期間は一般的に3年から6年ほどです。

完済までの返済回数が少なければ利息負担額は減少しますが、毎月の返済額は借入金額に応じて増加してしまいます。

借入をすると毎月の返済額が定められるため、複数社からの借入なら日常的な生活が厳しくなる状況にも追い込まれかねません。

これに対して、福岡銀行おまとめローンのナイスカバーでは、融資期間が6か月以上15年以内に設定されています。

利息負担額こそ心配されますが、毎月の返済額を軽減して自分のペースで返済したい人に福岡銀行のナイスカバーはおすすめできるでしょう。

融資額の50%以内といった条件こそあるものの、福岡銀行のナイスカバーではボーナス時の増額返済も行えます。

 

万が一返済できなくなった時に準備したい人

一生のうち、がんと診断される確率は統計で53.9%と出ていて、実態調査ではがんと診断後に離職や休職をした人が44.1%と報告されています。

がんに罹患して返済が困難となる可能性はあり得ますから、おまとめローンの申込みで万が一の事態を気にする人は少なくありません。

福岡銀行おまとめローンのナイスカバーを活用する際には、万が一の事態における備えとして、がん保障特約付団体信用生命保険を付帯できます。

がん保障特約付団体信用生命保険は、がん・死亡・高度障害で所定の支払事由に該当したらローン残高が完済される保険です。

保障限度額は福岡銀行の保険付帯額合算で1,000万円なので、ナイスカバーのみを利用しているときには保険金でローン残高は0円となります

通常金利よりも0.3%上乗せされるだけの負担で保障を受けられますし、万が一の事態が気になる人にはナイスカバーが適しているでしょう。

 

 福岡銀行の金利を3大消費者金融と比較

福岡銀行のナイスカバーは申込み方法によって適用金利が切り替わり、Web完結申込みの下限金利は5.9%で上限金利には12.9%が当てはまります。

その一方で、3大消費者金融と称されている消費者金融は、レイクアルサとJスコアのほか、SMBCモビットです。

新生銀行カードローンレイクから生まれ変わったレイクアルサは、無利息期間サービスを3つも取り揃える消費者金融として知られています。

レイクアルサの通常金利は4.5%から18.0%になりますから、上限金利に限ってはナイスカバーのWeb完結申込みのほうがお得と言えます。

消費者金融のJスコアでは、AIスコア・レンディングでお金を借りられますが、算出されたAIスコアの結果によっては審査に通ることができません。

AIスコア600点以上を獲得し、AI審査などをクリアできれば、金利0.8%から12.0%のAIスコア・レンディングを役立てられます

AIスコア・レンディングは金利水準が非常に低く、総量規制に該当しないのならJスコアがおまとめローンの主要な選択肢となるかもしれません。

もうひとつ、三井住友銀行グループのSMBCモビットは、ローンカードの発行を待たずにWEB完結で借入可能な消費者金融です。

SMBCモビットの金利は3.0%から18.0%なので、ナイスカバーのWeb完結申込みと比較すると、下限金利はSMBCモビットのほうが優れています。

上限金利はナイスカバーのWeb完結申込みがお得なため、少額の借入を果たしたいときにはナイスカバーのWeb完結申込みが力を発揮します。

 

福岡銀行のおまとめローン口コミを検証

福岡銀行おまとめローンのナイスカバーにおいては、どのような口コミが揃っているのでしょうか?

ポジティブな口コミだけでなく、ネガティブな口コミも確かめ、おまとめローンのナイスカバーを申し込むかどうかの参考にしてみましょう。

 

・返済期間が長くて低金利なメリットも得られる

ナイスカバーの返済期間は最長15年で低金利なメリットを得られますし、複数社からの借入を福岡銀行のナイスカバーに一本化して良かったです。
複数の消費者金融からお金を借りて、毎月の返済に悩んでいるのなら、ナイスカバーへの申込みがあっているかと思います。(50代女性)

 

・Web完結申込みを選べないと金利で損をする

口座を持っていなかったこともあって、来店契約を選びましたが、金利がWeb完結申込みよりも高いので返済を続けるうえで後悔しています。
契約できるかどうか分からないのに口座開設は手間ですから、ナイスカバーは口座を持っている人にしかおすすめできません。(40代男性)

 

・審査結果の通知まで3週間程度かかった

おまとめ・フリーローンのナイスカバーを申し込んだところ、申込みから審査結果が通知されるまで3週間ほどかかりました。
消費者金融のカードローンとは違うので審査時間をある程度覚悟していましたが、それでも審査に時間がかかり過ぎです。(30代男性)

 

ナイスカバーのポジティブな評価では、明確な金利の設定や融資期間の長さを評価する意見が多い様子でした。

Web完結申込みの優遇に対して不満を感じている意見や、ナイスカバーの審査時間をネガティブに評価する意見も出ています。

 

福岡銀行おまとめローン申し込みの方法

福岡銀行おまとめローンの申込み方法としては、インターネットでの申込みに加えて、郵送申込みとFAX申込みが用意されています。

インターネットでの申込みには、Web完結申込みのほか、来店契約や郵送契約といった契約手続き方法が存在しています。

郵送申込みは福岡銀行に資料請求を行い、郵送で届いた申込み用紙に必要事項を記入し、それを返送することで申し込む方法です。

FAX申込みを行うのなら、福岡銀行の公式ホームページで、FAX専用借入申込書のPDFファイルをダウンロードしなければいけません。

FAX専用借入申込書の必要事項を記入して、福岡銀行にFAX送信すればFAX申込みを実行できます。

郵送申込みとFAX申込みは、Web完結申込みとして扱われず、契約手続き方法は来店契約もしくは郵送契約になります。

ナイスカバーの申込み方法は多岐にわたるため、自分が望ましい申込み方法を選んでみましょう。

 

 審査基準

福岡銀行のナイスカバーでお金を借りられるのは、契約時の年齢が満20歳以上で、69歳以下の安定収入を得ている人になっています。

ナイスカバーの申込み方法としてWeb完結申込みを用いる場合には、69歳11か月までに年齢が制限されるので注意が必要です。

パートやアルバイトのほか、年金受給者であっても申込みを行えますが、保証会社の保証を受けられない人はナイスカバーを申し込めません

審査で提出する代表的な必要書類は運転免許証と所得証明書で、所得証明書は借入金額が50万円を超えた場合に求められます。

ナイスカバーの審査基準は正式に公開されていませんが、継続的な安定収入と過去から現在までの借入状況はチェックされるでしょう。

安定収入の確認では勤続年数が重要視されかねず、借入状況においては信用情報機関の個人情報を確かめられます。

ナイスカバーで収入に見合わない借入額を希望すれば、返済能力を疑われて審査落ちにつながったりもします。

 

申し込み手順

ナイスカバーのWeb完結申込みでは、必ずインターネットでの申込み手続きから開始します。

続いて必要書類をショートメールでアップロードし、審査結果が通知されたら契約内容の確認へとステップが進みます。

契約内容の確認は電話で済みますので、福岡銀行に足を運ぶ手間はかかりません。

ナイスカバーの契約で融資となり、福岡銀行の返済用口座に入金される形でお金を借りられます。

Web完結申込み以外の申込み方法においては、インターネットでの申込みに加えて、郵送申込みやFAX申込みのいずれかを利用できます。

必要書類をショートメールでアップロードする手順は、基本的にWeb完結申込みと変わりません。

審査結果は電話または郵送で通知され、来店契約を希望するときには、福岡銀行に出向いて契約書への自著・捺印を行います

郵送契約は福岡銀行から郵送された契約書に自著・捺印のうえで、福岡銀行に返送する手順を要します。

契約完了で融資を受けられますが、来店契約や郵送契約でも福岡銀行の返済用口座に入金してもらう方法しか選択肢はありません。

 

返済の注意点

福岡銀行おまとめローンのナイスカバーは返済方式が毎月元利均等分割返済であって、返済方法は返済用口座からの自動引き落としです

毎月の返済日は契約時に指定できますし、銀行休業日の場合は翌営業日の自動引き落としになります。

融資額の50%以内でボーナス時の増額返済も行えますが、増額返済は1万円単位でしか受け付けていないので注意してください。

口座からの自動引き落としに応じられず、返済を滞納してしまうと、年365日の日割計算で遅延損害金14.0%が発生します。

滞納は事故情報の登録にもつながるため、ナイスカバーは返済計画をしっかり立てたうえで活用しましょう。

 

 おまとめローンを選ぶ際の注意点

借金の一本化に特化しているおまとめローンを選ぶときには、金利と審査を見極めることが大事です。

複数社からの借入をまとめると返済の手間を省けますが、おまとめローンは必ずしも金利が下がるわけではありません。

返済回数に応じて返済総額の増加が起こりかねず、残債全てをまとめられないケースにも注意を要します

おまとめローンの借入は高額になる傾向が見られますので、審査を通過できる見込みも重要な判断基準に当てはまります。

また、ナイスカバーのWeb完結申込みにあたっては、がん保障特約付団体信用生命保険を付帯できません。

来店契約や郵送契約はがん保障特約付団体信用生命保険を付帯可能ですが、Web完結申込みよりも適用される金利が不利になってしまいます。

福岡銀行の口座を保有しているのであれば、金利や保険の付帯を考慮しつつ、ナイスカバーの申込み方法を選びましょう。

 

 毎月の返済の負担

福岡銀行のナイスカバーは毎月元利均等分割返済なので、増額返済をしなければ、返済年数を伸ばすほど利息負担額が膨らみます。

とはいえ、残高スライドリボルビング方式とは違うため、過度にナイスカバーの返済を急ぐ必要はありません。

ナイスカバーから上限金利14.0%で100万円を借りた場合には、返済年数3年で毎月の返済額は34,200円になります。

返済年数1年なら毎月の返済額は89,800円まで増えますし、返済年数6年では毎月の返済額が20,600円まで下がります。

ナイスカバーにおいては、毎月の返済額や利息負担額を踏まえたうえで、無理なく完済できる返済年数を選ぶことが大切です。

 

金利

福岡銀行のナイスカバーは、Web完結申込みと、Web完結申込み以外の申込み方法で適用される通常金利が異なります。

ナイスカバーで下限金利5.9%を実現したいときには、Web完結申込みを駆使しなければいけません。

Web完結申込みでは、5.9%と9.9%のほか、12.9%のいずれかが金利として適用されます。

Web完結申込み以外の来店契約や郵送契約といった方法を用いる場合には、通常金利が7.0%と11.0%のほか、14.0%のいずれかになります。

加入条件がWeb完結申込み以外に限られているものの、がん保障特約付団体信用生命保険を付帯すると、通常金利に0.3%の上乗せも起こります。

ナイスカバーの金利は福岡銀行の審査で決定されますから、低金利での借入を目指す人は自分自身の信用を高めた後に審査を受けましょう。

 

 総量規制と福岡銀行のおまとめローンの関係

貸金業法の総量規制は年収の3分の1を超える貸付を禁止する法律ですが、銀行法には総量規制に相当する法律が存在していません。

例外を除いて消費者金融からの借入は総量規制を避けられない一方で、銀行法に基づく福岡銀行のナイスカバーは総量規制の対象外になっています

貸金業法に基づくおまとめローンは総量規制の影響を受けないことで知られますが、福岡銀行のナイスカバーも同様に総量規制は関係ありません。

ただし、これまで銀行の過剰貸付は繰り返し問題視された経緯もあり、銀行が自主規制で総量規制に従うケースは増加しています。

銀行カードローンは自主規制が行われやすく、消費者金融とほぼ同額しかお金を借りられない銀行はよく見られます。

福岡銀行のナイスカバーはカードローンではなく、おまとめ目的に使えるローンですから、自主規制の影響を受けない可能性が高いでしょう。

 

まとめ

ふくおかフィナンシャルグループの福岡銀行が提供するナイスカバーは、複数社からの借入を一本化できるおまとめローンです。

過去にはカードローンタイプのナイスカバーも扱われていましたが、現在においてはおまとめローンに使えるナイスカバーしか残っていません。

福岡銀行のナイスカバーは申込み方法によって適用される金利が切り替わり、Web完結申込みでは低金利でのおまとめを実現できます。

Web完結申込みの活用には、前提条件として福岡銀行の口座が欠かせないので、ナイスカバーは福岡銀行の口座を持っている人に向いています

低金利よりも万が一の事態における備えを優先したいのなら、ナイスカバーにがん保障特約付団体信用生命保険を付帯する方法もあります。

さらに福岡銀行は融資期間が最長15年といった特長も兼ね備えるため、自分のペースで完済を果たしたい場合にも相応しくなるでしょう

おまとめローンなら静岡銀行!?解説&口コミ?3大他社比較で検証!!
Jスコアはおまとめローンできる!?解説&利用者口コミ紹介&借入3大デメリットも徹底検証!!

オススメのおまとめローン