絞込条件
限度額
下限金利
即日融資
200万借入の金利
400万借入の金利

審査に通過しやすいおまとめローンの主な内容と特徴を知って賢い選択をしよう

一般的に2社以上の金融業者から借金をしている人のことを多重債務者と呼びます。複数の業者から借金をしていると、余計な利子を払わなければならなかったり、借金状況の把握が大変だったりします。
そんな多重債務者にとって、心強い味方がおまとめローンです。おまとめローンとは、複数の業者からの借金を一本化し、金利を低くして借金状況を把握しやすくする金融商品です。
しかし、おまとめローンといえども結局は借金です。当然のことながら、普通のカードローンと同じように審査があります。
それでは審査に通過しやすいおまとめローンの主な内容と特徴について見ていきましょう。

おまとめローンの審査とはどういうものなの?

おまとめローンの審査といっても、特別なことをするわけではありません。利用者にとっては、普通のカードローンの審査と同じです。ただし必要書類などは多くなる場合があります。
しかし金融業者の審査基準は、おまとめローンと普通のカードローンでは違ってきます。もちろん審査内容は公表されていません。

金利が低く、借入金額が多額となるおまとめローン

おまとめローンは普通のカードローンよりも金利が低いというのが一般的です。というより、それまでの金利よりも高くなれば、おまとめローンに切り替える意味がありません。
また複数の金融業者からの借金を一本化するのですから、借入金額が高額になるのは当然です。

普通のカードローンよりも審査が厳しくなるおまとめローン

おまとめローンは金利が低く、借入金額が高額になるのですから、審査基準はそれだけ厳しくなります。多くのお金を貸すわけなので、審査基準が厳しいのは当然でしょう。
しかもおまとめローンを利用する人は、多くの金融業者から借金をしているということです。つまりそれだけ借金の返済に困っている人とみなされてしまう可能性があります。
審査で最も問われるのは返済能力です。複数の業者から借金をしている人に対しては審査基準が厳しくならざるを得ません。

おまとめローンが可能な金融業者とは?

それでは、おまとめローンはどんな金融業者で申し込みが可能なのでしょうか。それぞれの業者を見ていきましょう。

審査に通過しやすい消費者金融

カードローンの中でも、消費者金融は審査に通過しやすいと言われています。おまとめローンでもそれは変わりません。
ただし消費者金融でもおまとめローンは普通のカードローンよりも審査が厳しくなります。理由は前項でも書いた通りですが、多額の借金を一本化するのですから当然と言えます。
また普通のカードローンで借金を一本化することはできません。消費者金融では、おまとめローン専用として申し込む必要があります。

審査は厳しいが低金利となる銀行

おまとめローンには消費者金融以外でも、銀行で申し込むことができます。銀行での申し込みとなると窓口まで行かなければならないような気がしますが、現在ではインターネットでの申し込みが可能です。
銀行のおまとめローンは、消費者金融に比べると金利は低くなります。しかしその分、審査が厳しいのはやむを得ません。審査に通過しやすい消費者金融を選ぶか、審査は厳しくても低金利の銀行を選ぶかは状況次第です。

おまとめローンは総量規制の例外

おまとめローンでは、どうしても借入金額が高額となります。そうなると気になるのが総量規制でしょう。
総量規制とは年収の3分の1までしか借り入れできない制度です。しかし、銀行は総量規制対象外なので、気にする必要はありません。問題は、総量規制の対象となっている消費者金融です。
ところがおまとめローンの場合、消費者金融でも総量規制の例外となっています。おまとめローンにして金利が下がった場合、利用者の一方的な利益となるので、総量規制の例外が適用されるのです。
しかしおまとめローンにより金利が上がった場合は利用者の不利益となるため、総量規制の例外とはならないのでご注意ください。

おまとめローンの審査に必要な書類

おまとめローンに申し込むとき、必ず審査があります。審査方法は基本的にカードローンと同じですが、必要書類が少し増える場合があります。

おまとめローンに収入証明書は必要

おまとめローンの必要書類は、当然のことながら金融業者によって違います。そこで、主な必要書類を挙げてみましょう。

本人確認書類
収入証明書
銀行口座番号
銀行口座の印鑑

本人確認書類は普通のカードローンでも必要です。運転免許証やパスポート、健康保険証などで構いません。
収入証明書はおまとめローンでは必要と思ってください。普通のカードローンでは50万円以下の借り入れなら年収は自己申告で済みますが、おまとめローンの場合は借入金額が高額になります。収入証明書として給与明細書や確定申告書、源泉徴収票などをご用意ください
銀行口座番号は返済に使われる口座の番号です。口座を持っている銀行でおまとめローンを申し込む場合は必要ありません。
銀行口座の印鑑も、上記と同様です。
他の書類が必要な場合もあるので、詳しくは業者にご確認ください。

おまとめローンの審査に落ちやすい人の特徴

おまとめローンに申し込むとき、誰もが審査に通過しやすいポイントを知りたがると思います。しかしその前に、どんな人が審査に落ちやすいのか考えてみましょう。
審査に落ちやすい人の特徴を知れば、自ずから審査基準が見えてきます。

返済遅延をしたことがある人

過去に借金の返済期日に遅れたことがある人は、おまとめローンの審査では非常に不利となります。何度も返済の遅延がある人はまず審査には通らないでしょう。
審査に通るためには、返済能力を問われます。返済期日に遅れる人は返済能力がないとみなされるのでご注意ください。

安定収入のない人

返済記録と共に重視されるのが安定収入です。安定した収入がなければ返済能力がないと思われても仕方がありません。
また勤続年数が短い人も、審査では不利になります。融資した途端に退職しないとも限らないからです。

複数の金融業者におまとめローンの申し込みをした人

何社も同時におまとめローンの申し込みをした人も、まず審査には通りません
4社以上も立て続けに申し込んだ場合も同様です。その人は下手な鉄砲も数撃てば当たるという思いで申し込んだのでしょうが、却ってマイナスとなります。
ゆえに何社も同時におまとめローンを申し込む人は、かなり返済が困難になっていると思われてしまうのです。即ち、この場合でも返済能力に問題のある人とみなされるのですね。

申し込み時に虚偽の内容を記載している人

少しでも審査の有利になるように、申し込み時に虚偽の情報を書く人がいます。既に退職した大企業にまだ勤めているように書いたり、年収を多く書いたり逆に借入金額を少なく書いたりする場合です。
こういう嘘は必ずばれます。申し込み時に嘘を書く人は、金融業者からも信用されません。
全くの他人にお金を貸すわけですから、信用第一なのです。信用できない人に、大切なお金を貸すことは誰もしないでしょう

スーパーホワイトの人

返済の遅延など何度も金融事故を起こしている人はブラックリストに載ります。ブラックリストに載った人は、おまとめローンの審査にはまず通りません
それとは逆にスーパーホワイトの人も、審査では不利になります。スーパーホワイトとは現金主義で、クレジットカードを持たない人のことです。現金主義なら信用できそうなものですが、そういうわけではありません。
クレジットカードを使うことをクレジットヒストリー、略してクレヒスと呼びますが、クレヒスがない人は実績もないので審査のしようがないのです。

おまとめローンの審査に通過しやすいポイント

おまとめローンの審査に落ちやすい人の特徴がわかりました。つまり審査に合格するためには逆も真なりで、落ちやすい人の逆をすればいいわけです。
それでは、おまとめローンの審査に通過しやすいポイントを確認しましょう。

完済の実績を作る

返済の遅延があると審査の不利になるわけですから、今借りているお金は遅延なく返していきましょう。返済日にきちんと支払っていればそれだけでも返済の意思があることがわかります。
それだけではなく
完済の実績を作ることも重要になります。借金を完済すれば、それだけ実績も上がって審査には有利になるのです。
もちろん過去に借金を完済したことがある人は、審査に通過しやすいと言えるでしょう。

審査に通過するためには、勤続年数が長い方が有利

おまとめローンの審査を通過するためには安定収入が絶対条件です。年収の多い方が有利なのは当然ですが、金額そのものよりも継続した収入が何よりも重視されるでしょう。
もちろん大企業に努めている人や公務員は有利です。しかしそれだけではありません。企業の規模よりも、勤続年数の方が重要となります。
たとえ中小企業でも、10年以上も同じ会社に勤務している人なら信用されて、審査にも通過しやすくなります。この人はそう簡単には退職しないと思われるからです。
逆に大企業に勤めていたとしても、勤続年数が6ヵ月未満だと不利になるでしょう。いくら年収が多くても、すぐに退職しないとも限らないからです。
したがって転職を考えている人がおまとめローンに申し込むのならば、転職前の方が有利となります。転職したばかりでおまとめローンに申し込む場合は、前の会社よりも年収が上がったから、などと転職理由も伝えましょう。

収入証明書で返済能力をアピールする

仮に年収は自己申告でも構わないと言われれば、普通の人は幸運だと思うでしょう。しかし収入証明書は返済能力をアピールする絶好のチャンスなのです。
きちんとした収入証明書を添えていれば信用度も増し、さらに返済計画を抜かりなく立てていると思われます。つまり審査に通る可能性が高くなるわけですね。
ポイントとすれば、直近のボーナス明細書も併せて提出するようにしましょう。そうすれば返済意思を示すことができますし、業者側も年収の計算を正しくできて印象も良くなります

クレジットカードに申し込んでクレヒスを作る

これはスーパーホワイトの人に限定されますが、クレヒスを作ることをお勧めします。つまりクレジットカードに申し込んで、それを使うわけです。
クレジットカードを作る際にも審査がありますが、ゴールドカードでもない限りカードローンほど厳しくありません。パートやアルバイトでも作ることができるクレジットカードもあります。審査に通過しやすい入会金も年会費も無料のクレジットカードに申し込みましょう。
クレヒスを作ればスーパーホワイトから脱却できおまとめローンの審査に通過する可能性が高まります

おまとめローンにも繁忙期と閑散期がある

よく車の販売には繁忙期と閑散期があると言われます。たとえば年度末の3月は決算時期になるうえに新生活も始まったりするので、繁忙期となるわけです。
実はおまとめローンにも、繁忙期と閑散期があることをご存知でしょうか。その時期は車業界とはかなり違います。
おまとめローンの繁忙期とは、5月と8月です。5月はゴールデンウイークがありますし、8月は盆休みがあって旅行シーズンとなります。つまりレジャー真っ盛りでローンを利用する人が増えるわけです。この繁忙期は審査も厳しいと言えるでしょう。
逆に祝日のない6月は閑散期です。休みが少ないのにお金を借りる人はあまりいません。
12月はクリスマスなどイベントも多いのですが、ボーナス月なので閑散期となります。月末も給料が入ったばかりなので、ローンを利用する人は少ないでしょう。年度末は車業界と逆で、忙しい人が多いためおまとめローンでは閑散期と言えます。
しかも年度末は、金融業者もノルマ達成のため躍起になっているでしょう。
これら閑散期を狙って、おまとめローンの審査を受ければ通過しやすいかも知れません
ただし、繁忙期と閑散期は金融業者によって異なりますのでお気を付けください。またおまとめローンのキャンペーン中も狙い目です。こういう時期は積極的に利用者の募集をしているので、審査に通過しやすくなるというわけですね。

おまとめローンは普通のカードローンに比べて審査が厳しくなっています。しかし審査に通過するポイントを知ることができれば無事に合格することも可能です。
自分の借金状況や経済状況、そして金融業者の審査基準をよく知ってから、おまとめローンに申し込んでください。そうすれば審査に通過する確率が高くなるでしょう

 

おまとめローン他社の借り入れ何社まで?事前に調査しよう!
【総量規制対象外の例外】これだけは注意点と主な内容を知っておきましょう

おまとめローン関連記事一覧