絞込条件
限度額
下限金利
即日融資
200万借入の金利
400万借入の金利

中国銀行(ちゅうぎん)はおまとめローン可能?どのくらい安くなる?

中国銀行が取り扱う個人向け融資サービスのちゅうぎんおまとめフリーローンは、融資期間が最長15年のおまとめローンです。

広島県在住で複数のカードローンを利用している場合には、ちゅうぎんおまとめフリーローンで借金の一本化を望めるのでしょうか?

ちゅうぎんおまとめフリーローンの基本情報や他行比較に限らず、主なメリットや口コミ情報などもあわせて徹底検証してみました。

 

中国銀行はおまとめローンとして利用できるのか?

広島県と香川県の全域に店舗を展開している中国銀行は、数多くの中小銀行が合併を繰り返して成長した岡山県岡山市に本店を置く地方銀行です。

中国銀行は様々なローンを取り扱っていて、カードローンのみでもコ・レ・カとカードローンミニのほか、ATMカードローンを用意しています。

これ以外にも中国銀行であれば、マイカーローンや教育ローンといった目的別ローンに加えて、住宅ローンやフリーローンを利用できます。

中国銀行のフリーローンにおいては、ちゅうぎんおまとめフリーローンが含まれていますし、中国銀行はおまとめ目的であっても大いに活躍します。

広島県在住で中国銀行の口座を既に保有しているのなら、複数社からの借入を中国銀行に一本化して返済の負担軽減を目指せるでしょう。

 

中国銀行フリーローンの基本情報

中国銀行のフリーローンには、ちゅうぎんフリーローンだけでなく、ちゅうぎんおまとめフリーローンや住宅利用者専用フリーローンがあります

代表的なフリーローンに該当するちゅうぎんフリーローンは、事業資金や投機性資金を除いて資金使途が自由なフリーローンになっています。

ちゅうぎんフリーローンの利用条件としては、申込み時の年齢が満20歳以上満65歳以下で、継続的な安定収入や保証会社の保証なども求められます。

融資額は10万円以上500万円以内で固定金利6.8%から14.0%ですが、ちゅうぎんフリーローンの融資期間は7年以内にしか対応していません。

中国銀行は選んだフリーローンに応じて利用条件などが全く異なりますので、それぞれの特徴を見極めたうえで自分にあったものを選択しましょう。

 

ちゅうぎんおまとめフリーローン

中国銀行のちゅうぎんおまとめフリーローンは、利用限度額が10万円から500万円で固定金利6.8%から14.5%のおまとめ専用フリーローンです。

ちゅうぎんおまとめフリーローンを申し込める年齢は、満20歳以上満69歳以下であり、完済時の年齢は満75歳以下に制限されています。

融資期間は15年以内で返済方式には毎月元利均等分割返済が当てはまるものの、年金受給者やその配偶者は申込みを行えません。

ちゅうぎんおまとめフリーローンの申込みでは継続的な安定収入が必須なうえに、保証会社の保証を受けられることも利用条件のひとつです。

申込みに担保や保証人は必要ありませんが、中国銀行の口座が欠かせず、中国銀行所定の融資条件を満たしていなければ審査落ちにつながります

なお、ちゅうぎんおまとめフリーローンは他行や他業態の借入を一本化するために活用できるとはいえ、資金使途に事業性資金は含まれていません。

 

 ちゅうぎん住宅利用者専用フリーローン

中国銀行のちゅうぎん住宅利用者専用フリーローンは、利用限度額が最高500万円で変動金利2.875%から3.275%のフリーローンです。

追加担保なしかつ特別な金利で利用可能なフリーローンになりますが、中国銀行の住宅ローンを利用している人しか申し込めません。

ちゅうぎん住宅利用者専用フリーローンのに数えられます。

申込みには、中国銀行の住宅ローンを1年以上返済に延滞なく利用していることや、中国銀行所定の融資条件を満たしていることも不可欠です。

ちゅうぎん住宅利用者専用フリーローンは最長15年まで借入可能な一方で、7年超えの借入なら団体信用生命保険にも加入しなければいけません。

 

ちゅうぎんのおまとめローンの使用用途

ちゅうぎんおまとめフリーローンを活用する場合には、複数社からの借入が中国銀行に一本化するため、返済管理にあてる時間や手間を省けます。

返済回数は毎月1回で1つの口座を管理するだけで済みますし、複数社からの借入を放置している場合よりも計画的に返済を進められます。

ちゅうぎんおまとめフリーローンは融資期間が長い特長を兼ね備えますので、毎月の返済額を抑えつつ返済を続けることも望めるでしょう。

返済不履行を避けたい場合や、借入先を減らして金融機関の信用を高めたい場合には、ちゅうぎんおまとめフリーローンの活用があっています。

また、銀行法に基づく中国銀行には貸金業法の総量規制が適用されませんから、年収の3分の1を超える借入をしていても一本化を狙えます。

総量規制が影響するほど既に複数社から借りているのであれば、中国銀行のちゅうぎんおまとめフリーローンが主要な選択肢となるかもしれません。

 

借入限度額はいくらまで可能?

ちゅうぎんおまとめフリーローンの借入限度額は、申込み1万円単位で10万円から500万円までになっています。

300万円を超える借入では所得証明書の提出を要しますが、300万円以下の借入なら審査に所得証明書が原則不要です。

とはいえ、借入限度額は中国銀行の審査結果に応じて変わるため、ちゅうぎんおまとめフリーローンで希望額の借入を達成できるとは限りません。

自主規制で総量規制を取り入れる銀行は増えていますし、誰でも500万円の借入限度額を実現できるわけではないので注意してください。

もしも少額の借入で構わないときには、ちゅうぎんおまとめフリーローンではなく中国銀行のカードローンミニを検討してみましょう。

 

中国銀行のおまとめローンの金利は安いのか!?

中国銀行の金利はいずれにしても保証料込みになりますので、ローン金利に保証料が上乗せされる心配はありません

ちゅうぎんおまとめフリーローンの固定金利は5段階あり、申込者の審査結果によって中国銀行が適用する金利を決定します。

上限金利は14.5%ですが、13.8%や12.8%のほか、9.8%や下限金利6.8%がちゅうぎんおまとめフリーローンに適用されたりもします。

ちなみにちゅうぎんフリーローンは固定金利6.8%から14.0%ですから、ちゅうぎんおまとめフリーローンのほうが金利面で不利になっています。

住宅ローンの利用者のみが申し込めるちゅうぎん住宅利用者専用フリーローンは、変動金利2.875%から3.275です。

ちゅうぎんおまとめフリーローンは、中国銀行が取り揃えるフリーローンとしては金利が高い個人向け融資サービスといえるでしょう。

 

中国銀行でおまとめローンを組むとどのくらい安くなる?

金利14.8%の3社から合計300万円の借入があって、ちゅうぎんおまとめフリーローンの上限金利14.5%で一本化した場合を想定してみます。

A社にて借りた50万円を3年で返済するときには、A社における毎月の返済額は17,283円と算出されます。

同じく金利14.8%のB社にて借りた100万円を5年で返済すると、毎月の返済額は23,685円の計算になります。

金利14.8%のC社で借りた150万円を7年で返済する場合には、毎月の返済額は28,777円ほどかかります。

毎月の返済額は3社合計69,745円に対して、中国銀行で一本化して15年での返済にすると毎月の返済額は40,965円しかかかりません。

返済期間こそ長くなってしまいますが、こうした条件下にて中国銀行でおまとめローンを組むと毎月の返済額を28,780円も軽減できます。

もちろんちゅうぎんおまとめフリーローンに適用される金利が上限金利14.5%よりも低いときには、さらに毎月の返済額を抑えられます。

逆にちゅうぎんおまとめフリーローンの返済期間を短くするのであれば、毎月の返済額が高まる代わりに総返済額を減らせます。

他社からの借入状況や返済回数にもよりますが、ちゅうぎんおまとめフリーローンは借金の完済を果たすうえで力を発揮するでしょう。

 

おまとめローンの金利を中国地方で利用できる他行と比較検証

日本の本州西部に位置する中国地方は、鳥取県と島根県に加えて、岡山県と広島県のほか、山口県で構成されています。

岡山県の地方銀行として知られる中国銀行に限らず、中国地方には鳥取銀行や島根銀行なども勢揃いしています。

鳥取銀行の多目的ローンは変動金利3.0%から5.3%といった低金利を誇りますし、おまとめ目的でもしっかりサポートを受けられます。

島根銀行のしまぎんフリーローンは固定金利3.5%から14.5%なので、上限金利の数値は中国銀行と変わりません。

また、広島銀行のファミリーローンは固定金利3.25%から10.45%になりますが、変動金利では2.7%から9.9%の負担で済みます。

山口銀行のおまとめ!やまぐち君は固定金利4.8%から14.3%ですから、中国銀行よりもわずかに金利水準が優れています。

金利が低い場合にはメリットを得られますが、おまとめローンを組むときには申込みの年齢制限や融資期間の長さなどにも目を向けましょう。

 

 融資までの時間はどのくらい必要?

大手消費者金融のカードローンは最短30分で審査が終わるため、申込みのタイミングによっては即日融資を実現できます。

対して、中国銀行は審査で警察庁のデータベースと照合する手続きを行いますし、大手消費者金融ほどスムーズな融資は見込めません。

申込日の即日融資はそもそも望めず、ちゅうぎんおまとめフリーローンにおいては、申込みから借入まで通常1週間程度かかります。

銀行のおまとめローンは審査に2週間以上かかるケースも珍しくないので、これを踏まえると中国銀行の審査は決して遅いわけではありません。

 

中国銀行のおまとめローンの審査は厳しいのか

中国銀行のちゅうぎんおまとめフリーローンは、商品名におまとめと含まれている通り、多重債務の借り換えに特化したフリーローンです。

貸し倒れのリスクがそもそも高い多重債務にある人を顧客としていますから、ちゅうぎんおまとめフリーローンの審査は厳しくなっています。

さらに利用者からの利息は金利が低いほど減少するため、許容できない貸し倒れの損失を避ける目的で、金利が低いほど審査は厳しさを増します

下限金利の実現こそ難しいものの、ちゅうぎんおまとめフリーローンの上限金利は、一般的なおまとめローンと比べて少し高い特徴を持ちます。

金利水準が高いからといって審査が甘くはなりませんが、上限金利の適用においては審査での柔軟性を期待できるかもしれません。

ちゅうぎんおまとめフリーローンで自分が借りられるのかを確かめたいときには、公式ホームページのお借入れ5秒診断を試してみましょう。

 

中国銀行のおまとめローンの審査対象となる人とは

ちゅうぎんおまとめフリーローンの審査対象となるのは、申込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下の人です。

完済時の年齢が満75歳以下という年齢制限も設定されていますので、返済期間を長くして毎月の返済額を抑えたい人は完済時の年齢に注意してください。

継続的な安定収入や保証会社の保証を受けられることのほか、中国銀行所定の融資条件を満たせることも審査対象の条件としてあげられています。

審査対象の条件を満たしていれば、派遣社員やアルバイトでも申し込めますし、配偶者が条件を満たしている専業主婦も申込みできます。

ちゅうぎんおまとめフリーローンの審査対象は幅広くなっていますが、年金受給者やその配偶者は審査対象に該当していません。

 

審査に通るためのポイント

ちゅうぎんおまとめフリーローンの審査条件を満たしていても、審査で実践される在籍確認の電話連絡に応じられないと審査落ちが起こります。

審査に落ちる要因は在籍確認のみならず、多過ぎる借入件数や、年収に見合わない借入額の希望などによっても審査でマイナス評価となります。

ちゅうぎんおまとめフリーローンの審査に通りたいのなら、事前に借入件数を減らして、年収に見合った借入額を希望することが大事です。

審査では信用情報機関に登録された事故情報の有無もチェックされるため、他社からの借入は滞納せずに返済を続けていなければいけません。

短期間に複数のローンを申し込む多重申込みも事故情報につながりますので、おまとめローンを組みたい場合には申込み件数にも要注意です。

 

申し込みから融資までの時間はどれくらい?

ちゅうぎんおまとめフリーローンの受付や審査状況に問題が無いときには、申込みから契約まで通常1週間程度で完了します。

ゴールデンウイークや年末年始などの連休をはさむ場合においては、審査結果の通知が遅くなってしまうので気をつけてください。

仮審査をしても申込みはキャンセルできますが、ちゅうぎんおまとめフリーローンの契約では中国銀行に足を運ぶ手間がかかります。

急いで中国銀行から融資を受けたい人は、中国銀行での契約手続きを後回しにせず、早急に済ませる方法が推奨されます。

 

申し込みの流れと必要書類

ちゅうぎんおまとめフリーローンの仮審査は、インターネット申込みと電話申込みのほか、FAX申込みで受け付けています。

インターネット申込みは、公式ホームページの申込画面にて必要事項を入力する手順で始められます。

電話申込みは電話を使った仮審査の申込みとなり、FAX申込みでは中国銀行のリーフレットにある仮審査申込書をFAX送信します。

仮審査における審査結果の通知を受けたら、必要なものを持ったうえでの来店契約と契約成立後の融資に手続きが進みます。

申込みから借入までの手続きは簡単3ステップで完了しますし、中国銀行の口座を保有していると口座開設の手間も発生しません。

ちゅうぎんおまとめフリーローンの必要書類は、本人確認資料と健康保険証のほか、所得証明書と借り換え対象ローンの返済状況がわかる書類です

融資金額が300万円以下なら所得証明書は原則不要であって、来店契約においては普通預金のお届印も欠かせません。

 

中国銀行ローン利用のメリットデメリット

ちゅうぎんおまとめフリーローンを利用すると、最長15年の返済期間で複数社からの借入を一本化できます。

派遣社員やアルバイトでも申込みを行えることや、審査から融資まで通常1週間といった短期間で完了することが中国銀行を利用するメリットです。

ちゅうぎんおまとめフリーローンは急いでおまとめローンを組みたい場合におすすめできますが、上限金利の水準はそれほど低くありません。

契約時には窓口などに出向く必要もあるため、中国銀行のおまとめではWEB完結で手続きを終えられないデメリットが生じています。

 

 メリット

派遣社員やアルバイトのほか、専業主婦でも申し込めることが、ちゅうぎんおまとめフリーローンの代表的なメリットです。

勤続年数や前年年収の具体的な申込条件が提示されていないので、他行で申し込めない場合でも中国銀行の審査を受けられる可能性があります。

また、一般的なおまとめローンの返済期間は10年に設定されていますが、ちゅうぎんおまとめフリーローンの返済期間は最長15年になっています

返済期間を長くすると毎月の返済額を抑えられますから、ちゅうぎんおまとめフリーローンは多額の借金を抱えている場合に重宝するでしょう。

融資金額が300万円以下なら所得証明書の提出が不要なことや、審査から融資まで通常1週間で終わることも主要なメリットに数えられます。

 

 デメリット

窓口もしくはちゅうぎん住宅ローンセンターでしか契約手続きを行えないことが、ちゅうぎんおまとめフリーローンのデメリットです。

ちゅうぎんフリーローンとは違って契約方法にWEB契約を選択できず、中国銀行やちゅうぎん住宅ローンセンターに足を運ぶ手間がかかります。

上限金利14.5%で銀行カードローンの金利水準とほぼ変わらないことや、利用限度額が最高500万円になっていることも同じくデメリットです。

ちゅうぎんおまとめフリーローンよりも低金利なおまとめローンは出揃っていますし、利用限度額が1,000万円のところも存在しています。

加えて、ちゅうぎんおまとめフリーローンの増額返済が、融資金額の40%以内で6か月ごとに限られていることもデメリットになるでしょう。

 

中国銀行利用者の口コミを紹介

ちゅうぎんおまとめフリーローンの利用者からは、果たしてどのような口コミが出ているのでしょうか?

ポジティブな口コミとネガティブな口コミを続けて確かめ、ちゅうぎんおまとめフリーローンを申し込むかどうかの参考にしてみましょう。

 

・複数のローンをまとめられて返済が楽になった

少額のローンをいくつか抱えていて、返済日の管理が面倒で仕方なかったので、ちゅうぎんおまとめフリーローンを活用しました。
毎月の返済日は1回だけにまとまり、ローンを一元化したおかげで月々の返済額も減って返済が楽になりました。(30代男性)

 

・勤務先への在籍確認で中国銀行を名乗った

ちゅうぎんおまとめフリーローンの在籍確認に職場の同僚が応じたところ、問い合わせに対して中国銀行と名乗ったそうです。
中国銀行のサービス内容は豊富なので借入はバレませんでしたが、職場で借入を隠したい人は注意したほうがいいと思います。(40代女性)

 

ちゅうぎんおまとめフリーローンのポジティブな評価では、返済が楽になったという意見や、審査時間が短いといった意見が多い様子でした。

ネガティブな評価としては、在籍確認の手続きに不満を感じている意見や、希望額を借りられなかったという意見などが並んでいます。

 

中国銀行のおまとめローンが向いている人とは?

中国銀行のちゅうぎんおまとめフリーローンは、返済計画をしっかり立てて自分のペースで返済したい人に向いています。

返済期間が最長15年で他社のおまとめローンと比較しても長いため、総返済額よりも毎月の返済額を優先して抑えたい人におすすめできます

このほか、他社の申込条件を満たせない人や、時間をかけずに借入を果たしたい人にもちゅうぎんおまとめフリーローンはあっています。

中国地方在住で中国銀行の口座を既に保有しているのであれば、借金の一本化に中国銀行のちゅうぎんおまとめフリーローンを駆使してみましょう。

 

 中国銀行のおまとめローンが向いていない人

おまとめローンは債務整理とは異なりますので、おまとめローンを組んだからといって借金そのものが減るわけではありません。

むしろ複数社から借入をしているときにはそれぞれの適用金利を確かめ、おまとめローンでの借り換えで損しないように注意が必要です。

中国銀行のちゅうぎんおまとめフリーローンは、返済期間を短くしたり、増額返済を繰り返して完済を急ぎたい人には向いていません。

上限金利の水準が少し高くなっていますから、何よりも利息負担額を下げる目的で利用するには不向きなおまとめローンになります。

 

まとめ

利用限度額10万円から500万円までのちゅうぎんおまとめフリーローンは、複数社からの借入を一本化できる中国銀行のおまとめローンです。

ちゅうぎんおまとめフリーローンの固定金利は5段階あり、下限金利は6.8%で上限金利は14.5%になっています

貸し倒れのリスクが高い多重債務にある人を申込対象に含みますから、ちゅうぎんおまとめフリーローンの審査通過は簡単ではありません。

それでも派遣社員やアルバイトのほか、専業主婦が申し込めるうえに、申込みから借入まで通常1週間で完了する特長を兼ね備えています。

申込み方法としてWEB完結は取り揃えていないため、中国銀行の窓口やちゅうぎん住宅ローンセンターで契約を行える人におすすめのローンです。

返済期間を長くして毎月の返済額を抑えたいときには、中国銀行のちゅうぎんおまとめフリーローンに申込みをしてみましょう。

第三銀行はおまとめローン利用できる!?口コミとその他、地銀と比較
おまとめローンなら静岡銀行!?解説&口コミ?3大他社比較で検証!!

オススメのおまとめローン