絞込条件
限度額
下限金利
即日融資
200万借入の金利
400万借入の金利

ちばぎんカードローンでおまとめローンするメリットは?低金利でまとめる為には

ちばぎんカードローンには借り換えも可能なローンのコースが用意されています。
月に何度も返済期日があって苦しい方や金利が高くて悩んでいる方は、ちばぎんカードローンの利用で負担を軽減できる可能性があります。
ちばぎんカードローンの魅力をみていきましょう。

 

近隣県にも利用者多数!ちばぎんカードローン

ちばぎんカードローンはその名の通り、千葉銀行が取り扱う銀行カードローンです。千葉銀行は千葉県内最大手の地方銀行で、総資産でも横浜銀行に次ぐ全国第2位の規模を誇る大手地銀です。
地銀でありながら海外にも支店や駐在員事務所を持ち、外貨両替や海外送金をメインに行う支点も存在します。
ちばぎんカードローンを利用できるのは安定した収入がある、満20歳以上満65歳未満の方雇用形態がパートやアルバイトの方でもOKです。専業主婦の方を利用対象外とする銀行カードローンも多い中、ちばぎんカードローンは専業主婦でも配偶者の収入が安定していれば借り入れを申し込むことができます。ただし年金収入のみの方は対象外です。
対象エリアは次の都道府県になります。

千葉県
東京都
埼玉県
茨城県
神奈川県

インターネット支店を利用する場合とそれ以外で多少県内のエリアは異なりますが、住居や職場が千葉県以外の方でも利用できるため近隣県の利用者も多数。
銀行のカードローンというと小規模な消費者金融などと比べて少し敷居が高いイメージもありますが、ちばぎんカードローンは多くの人にその門戸を開いています。

 

借り換えにも利用可能!おまとめローンとしても

ちばぎんカードローンは事業性資金を除く様々な用途に利用ができ借り換えももちろんOK。金利の高い他社の借金の借り換えに、また複数の借金を一本化するおまとめローンとしての利用まで幅広く活用できます。銀行カードローンの中には借り換えやおまとめローンとしての用途に消極的なものも存在します。しかしちばぎんカードローンはそうした利用も薦めていることを公式サイトにも謳っているため、安心して申し込むことができます。

 

銀行カードローンならではの低金利!年利1.7%から14.8%

カードローンには様々な種類があり、借り入れ額が同じでも商品によって金利は異なります。銀行カードローンだけを見てもやはりその金利にはバラつきがあるため、より低い金利で利用できるカードローンを選ぶことが負担を減らすポイントといえます。

ちばぎんカードローンの年利は1.7%から14.8%。この範囲内で借り入れ額によって金利が変わる変動金利型です。最高でも14.8%という金利は一般的な消費者金融よりも低め。大手都市銀行と比べると最低金利は低く、最高金利は若干高めであるため、借り入れ額が大きい場合ほどメリットは大きくなります。他社ですでに15%を超える年利を払っている方の場合も、ちばぎんカードローンの利用を検討してみる価値があるでしょう。
利用限度額は10万円から800万円まで。2万円を1週間借りた場合の利息は、年利14.8%でもたったの56円です。

 

ちばぎんフリーローン、クイックパワーアドバンスもおすすめ

銀行カードローンの利用は借り過ぎが不安だという方にはちばぎんフリーローンもおすすめ。ちばぎんフリーローンはクイックパワーアドバンスという名前のローンで、次のような独自の特徴があります。

借り入れ回数は1回のみ
利用限度額は最大500万円まで
年利は4.3%から14.8%の固定金利型
返済期間は6ヶ月から7年まで

借り入れできる回数が1回のみという制限があるため、追加で借り入れできるちばぎんカードローンと違って借り過ぎる心配がありません。
利用限度額は最大500万円までとちばぎんカードローンより少なめですが、返済期間は6ヶ月から最長で7年までと長く、事情に合わせた余裕のある返済計画を立てることができます。
このクイックパワーアドバンスもちばぎんカードローン同様に借り換えやおまとめローンとしての利用がOKなので、借金の一本化を考えている人にもおすすめです。クイックパワーアドバンスは銀行カードローンの利用を今回限りと考える人にも多く選ばれており、2017年度には1年間の申し込みが37,000人という驚異的な実績を記録しています。

 

変動金利と固定金利の違いは?

ここでちばぎんカードローンとクイックパワーアドバンスの違いの一つである、金利タイプについて説明しておきましょう。
ちばぎんカードローンが採用している変動金利とは契約後から始まる返済期間中に金利が変動することをいい、クイックパワーアドバンスの固定金利は契約時に決められた金利が返済終了まで変わらないことをいいます。
変動金利型ローンの場合、利率が金融情勢によって変わる旨の一文が必ず商品説明に含められています。途中で金利が上がる可能性があることや、そのために最終的な返済額が正確に読めないことは利用者にとってはデメリットです。
しかしその分はじめは利率がやや低めに設定される傾向があるため、一概にマイナス要因ともいえません。実際に近年では大幅に利率が上がるようなケースはほぼ起きていません。
逆に固定金利型の場合は銀行側に利率を途中で変えられないリスクがあるため利率が高めに設定される傾向がありますが、利用者にとっては返済計画が立てやすいというメリットがあります
一般的に銀行カードローンには変動金利型が多く、消費者金融には固定金利型が多いといわれています。両者の特徴を理解したうえで金利タイプについて判断材料のひとつにするとよいでしょう。

 

申し込みは来店不要!WEBで手続き完結

ちばぎんカードローンを申し込む際、ちばぎんの普通預金口座を持っていれば来店も書類の郵送も不要。WEBで手続きを完結させることができます。
もちろん口座を持っていない場合でも申し込みは可能です。
流れは次の通り。口座を持っている場合は3ステップ目と4ステップ目を省けることになります。

WEBで申し込み
審査
銀行より申込書発送
利用者が申込書、本人確認資料、所得証明書を郵送
ローン実行

WEB完結サービスの場合は最短で即日融資も可能となるため、スピーディーな融資を希望する方には最適です。

 

まだまだある、ちばぎんカードローンの魅力とは?

ちばぎんカードローンには利率以外にもたくさんの魅力があります。ポイントをしっかり確認して契約後をイメージしてみましょう。
契約後に銀行側の対応や返済方法などについて不満を感じるケースもあるため、事前にしっかり確認してシミュレーションを行っておくことが大切です。

 

問い合わせ窓口は7時から23時まで!土日祝もOK

ちばぎんカードローンでは契約に関する説明や不明な点の問い合わせなどに対応するため、電話のサポート窓口を開設しています。受付時間は土日祝を含む7時から23時まで
銀行窓口の営業時間といえば9時から15時までというのが常識ですが、ちばぎんカードローンのサポート窓口は安心の長時間対応です。
返済方法の相談なども含めて、疑問に思うことは事前に確認しておけるので安心です。問い合わせて疑問が解決したら、電話でそのまま申し込みすることも可能です。
もちろん契約後の相談や増枠の申請などについても対応してもらえます。このサポート窓口は12月31日から1月3日までの4日間のみお休みです。

 

いつでもどこでも!借り入れや返済が可能

借り入れや返済には千葉銀行のほか、全国に存在する提携金融機関や提携コンビニのATM、インターネットバンキングやテレフォンバンキングが利用可能です。
主な提携場所は次の通り。

ちばぎん
セブン銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行
E-net
ローソン銀行

このほかにも多数の地方銀行ATMに対応しています。思い立ったらすぐに利用できる手軽さは大きな魅力です。

 

返済忘れの心配なし!自動返済

ちばぎんカードローンでは、毎月2,000円からの自動返済に対応しています。これは毎月1日に、あらかじめ設定された返済額を自動で返済に充てられるというもの。
わざわざATMまで出向く必要もない便利な仕組みです。借り入れ先が複数ある場合はもとより、借り換えによって借金を一本化した場合でも忙しくてつい返済期日を過ぎてしまったという経験を持つ人は少なくありません。
毎月の返済は、銀行と利用者が良好な関係を保つための大切なプロセスです。せっかく希望の借り入れを行って適切な返済計画を立てても、返済期日に遅れてしまっては意味がありません。
また余裕があるときはまとまった額を繰り上げ返済することもできます。約定返済額のみの返済では利息分の支払い率が高くなるため、余裕があるときは繰り上げ返済を積極的に行うのが早期返済のコツです。
ただし基本はあくまでも当初に決めた返済計画なので、繰り上げ返済は無理のない範囲で行いましょう。
なお自動返済は口座振替により実行されるため、口座に残高がない場合は返済ができず延滞となってしまうことをお忘れなく。

 

借り入れ件数や借り入れ額が多くても大丈夫?

おまとめローンを利用した借り換えを検討する人からよく出る質問のひとつが、借り入れ件数や借り入れ額が多いが審査に通るか?というものです。
実際の審査基準は各行、各社とも公にはしないためハッキリしたことはいえませんが、ここでは一般論として少し触れておきます。

一般的にいって、借り入れ件数や借り入れの総額が多いほど審査に不利であることは否めません。
しかし件数や金額が大きいからといってすぐに審査に落とされるわけではありません。元々借り換えのためのおまとめローンは、そうした債務に苦しむ方の負担軽減を目的としたローン商品です。借り入れ件数が4件でも契約できたという実例もあります。
ちばぎんカードローンではおまとめローンとしての利用も推奨しているため、そうした事情がある場合も前向きに審査されると思ってよいでしょう。

債権者は審査の際に、この人にお金を貸しても大丈夫か?いくらまで貸せるか?を見極めようとします。カードローンでは住宅ローンのように担保を取れないため、貸し倒れのリスクも考えなければなりません。
重要とされるのは借り入れるお金と収入のバランスです。件数や金額が大きくても、現実的な返済計画を立てることができれば審査には通りやすくなります。逆にいくら年収が高くても、希望する借り入れがそれに釣り合わないほどの額であれば審査は厳しいものになるでしょう。
借り入れ額は小さいほど審査のハードルも下がるため、はじめは少額からの借り入れを申し込み、実績を積みつつ増額を目指すのもひとつの方法です。

 

カードローンの増枠は可能?

利用限度額いっぱいまで借り入れたが、追加で融資を受けたい。事情によってはそんな場合もあるでしょう。
ちばぎんカードローンでは、いずれのコースでも利用限度額の増枠を申請することができます。増枠の申請方法はサポート窓口への電話か、インターネットでの申し込みのいずれかです。申し込み自体はサポート窓口の受付時間内もしくはインターネットの場合は24時間365日いつでも可能ですが、結果を急ぐ場合には平日の早い時間に申し込むことをお薦めします。申請後にはあらためて行われる審査の結果が出るまでは即日から長い場合で3営業日前後がかかるためです。

増枠の審査にパスするための主なポイントとしては次のようなものが挙げられます。

利用実績を半年以上積んでおく
他社の借り入れ件数を減らしておく
大幅な増枠を申請しない

 

利用実績を半年以上積んでおく

これはちばぎんカードローンに限らず、ローン審査における基本です。毎月の返済をきっちり行うことは利用者の債務です。
その債務を果たしている実績を少なくとも6ヵ月は積んでおく必要があります。2回目以降の増枠も同様に、少なくとも半年単位の実績が求められると思っておきましょう。

 

他社の借り入れ件数を減らしておく

借り換えによるおまとめローンがOKのちばぎんカードローンとクイックパワーアドバンスですが、借り入れ件数が多すぎることはやはり審査に有利に働きません。1件でも減らしておくことが、審査に合格する確率を高めると思っておきましょう。もちろん件数が減っていないからといっても、あきらめることはありません。毎月の返済を滞りなく行っていれば、合格する可能性はあります。

 

大幅な増枠を申請しない

契約時の限度額は、利用者の現状を踏まえたうえで慎重に審査された結果決まったものです。
つまりその時点でここまでなら貸しても問題が無いと判断されたラインです。増枠を申請するということは、文字通りその枠を超えて借り入れを行うことであり、双方にとってリスクを伴う行為です。
安定収入が大幅に増えたなどの事情がない限り、度を超えた増枠申請はまず通りません。まずは最小枠の増枠を目指して申請するのが、審査に通りやすくするコツです。

 

まとめ

ちばぎんカードローンとフリーローンのクイックパワーアドバンスは、どちらも借り換えによる借金のおまとめに適したローンです。
複数の借り入れがあってトータルで年利15%を超えるような方は、利用を検討してみることをお薦めします。自分に合ったローンを選択し適切な返済計画を立てられれば、負担を軽くすることができるでしょう。

【紀陽銀行おまとめローン】借金を一本化するのに良い理由は?
じぶん銀行カードローンをおまとめローンとして利用する注目ポイント

おまとめローン関連記事一覧