限度額
下限金利
即日融資
キーワード

じぶん銀行カードローンをおまとめローンとして利用する注目ポイント

複数の業者から借り入れをしている場合、おまとめローンを利用することで負担が軽くなることがあります。
今回は返済プランを効率よく立て直すのに役立つ、じぶん銀行カードローンのおまとめローンについてご紹介しましょう。
特にauユーザーの方は必見です。

借り入れ先を一本化する、おまとめローン

おまとめローンは複数の借り入れ先をひとつにまとめるためのローン商品で、借り換えローンとも呼ばれるものです。銀行や消費者金融など複数のところからお金を借りていると月々の返済プランを管理するのが大変なうえに、精神的にも大きな負担になります。
おまとめローンでそれらを一本化すると管理がしやすくなり、金利や月々の返済額も抑えられる可能性があります。可能性があると書いたのは、逆のケースもあるためです。

場合によっては金利が高くなることも

借り換えによって負債を別の金融機関で一本化する場合、利率は審査後に個別で設定されます。
多重債務者の場合は貸し倒れのリスクを考慮して利率が高めに設定される傾向があるため、借り換えがプラスにならない場合もあります。
また借り換えを行った場合は、利息の引き直し計算も行われません。引き直し計算とは、利息制限法に基づいて行う利息の再計算です。利息制限法で定められた利率の上限を超えるような高い金利で借り入れを行っていた場合には、いわゆる過払い金が発生することになります。引き直し計算を行ってみると利息を払い過ぎていたというケースはとても多いため、過払い金がある場合は先に返還請求の手続きを検討するのがよいでしょう。

これらを踏まえたうえで負担の減少が見込める場合には、おまとめローンの利用が良策になります。
じぶん銀行カードローンには、このおまとめローンとして使えるコースが用意されています。

限度額は最大800万円!じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローン、通称じぶんローンは様々な目的に応じた利用ができるローン商品です。限度額が10万円から800万円までと幅広く、実店舗を持たないネットバンクならではの安心金利と充実したサービスで人気を博しています。

じぶん銀行はKDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立されたネットバンクで、出資比率は両者の折半となっています。
大手電気通信事業者とメガバンクが経営基盤にあることから信頼度は絶大で、小規模な消費者金融などと違い経営破綻や倒産といったリスクは極めて小さいといえます。
携帯電話やスマートフォンを活用したサービスをうまく展開しているあたりは、通信事業者ならではの強みです。

au限定割が金利優遇で魅力!

じぶん銀行カードローンには、次の3種類のコースがあります。

通常
au限定割 誰でもコース
au限定割 借り換えコース

特に魅力的なのは、auユーザー限定で割引が適用されるau限定割の2コース。利用限度額は通常コースと誰でもコースが10万円以上800万円以下、借り換えコースが100万円以上800万円以下です。
気になる金利は通常コースが2.2%から17.5%、誰でもコースが2.1%から17.4%。もっとも割引が大きい借り換えコースでは1.7%から12.5%とかなりおトクになっています。
一般的な銀行カードローンの年利が大体15%前後、消費者金融が18%前後であることを考えると、最大でも12.5%という借り換えコースの年利はかなり低めであるといえます。いずれも金融情勢によって利率が変わることがある変動金利です。

au限定割コースの利用条件は?

au限定割の2コースを利用するには、まず次の2点をいずれも満たす必要があります。

申し込み時にau IDを登録すること
登録するau IDに、利用しているauの携帯電話や固定通信サービスが設定されていること

au IDはauの各種サービスやコンテンツを利用するためのIDで、au携帯電話を契約した際には携帯電話番号が初期値として設定されているものです。
固定通信サービスは次に挙げたサービスのいずれかを指します。自宅のインターネットプロバイダーが該当する人にもおすすめです。

ケーブルプラス電
SmartTVBox
J:COM PHONEプラス
auひかり
auひかりちゅら
au one net

誰でもコースで通常の金利より0.1%、借り換えコースでは0.5%という優遇が受けられることから、おまとめローンの利用を機に携帯電話やスマートフォンの乗り換えを検討する人も増えています。

おまとめローン用、借り換えコースの適用条件は?

もっとも金利が優遇される借り換えコースの適用条件は次の3点をすべて満たすことで、毎月末日が条件判定日となります。

判定日時点にじぶん銀行でau ID登録が有効となっていること
借り換えを希望し、じぶん銀行所定の審査結果が借入可能上限額の100万円以上となること
じぶん銀行からの借入金で他社の借入金を返済すること

他社借入金の合計が100万円未満でも借り換えコースの対象となりますが、審査の結果借入可能上限額が100万円に満たない場合は借り換えコースではなく誰でもコースの金利が適用されます。
また借り換えコースの資金使途は他社の借入金を返済することなので、返済が確認できない場合には金利の優遇がストップされることがある点にも注意が必要です。

基本的に利用限度額が小さい場合ほど利率は高く設定されます。
特に誰でもコースの場合は最高で17.4%とかなり高めの利率になるため、auユーザーで利用限度額が高めの方ほどメリットが大きい商品といえます。
なお、主婦や年金収入のみの方は借り換えコースの適用対象外とされています。

他にも魅力たくさん!じぶん銀行カードローンのおすすめポイント

じぶん銀行カードローンには利率以外にもたくさんの魅力があります。ネットバンクならではのメリットを活かした魅力をいくつかご紹介しましょう。

手続きはカンタン、スマホで全て完結!

申し込みから借り入れまでの手続きは、当然ながら来店不要。スマホやパソコン、ケータイで24時間いつでも簡単に行うことができます。
流れは次の4ステップです。

申し込み
審査
契約
借り入れ

公式サイトには専用の申し込みフォームが用意されているので、必要事項を記入して送信するだけ。
審査結果はメールや電話で案内され、契約内容の確認や必要書類の提出までスマホひとつで完結します。このスムーズな手続きと手軽さは、大きな魅力です。

利用明細書の郵送がない

じぶん銀行カードローンでは利用明細をウェブサイトで確認できるため、明細書が紙媒体で郵送されてくることがありません
紙媒体は保管場所も取るうえに、家族の目に留まることもあります。人によっては家族にもローンのことを知られたくないケースもあるでしょう。じぶん銀行カードローンはそうしたプライバシーにも十分に配慮した、安心設計になっています。ウェブ明細は過去の履歴を確認する際にも大変便利です。

借り入れ、返済ともにATM手数料0円!

実店舗を持たないじぶん銀行では、借り入れや返済の手続きもATM行うことになります。
提携ATMは下記のとおり。コンビニでも手軽に利用できます。

三菱UFJ銀行
E-net
ローソンATM
セブン銀行
ゆうちょ銀行

いずれも24時間365日利用可能利用回数も無制限なうえ、ATM手数料は無料です。手数料を気にせずいつでも借り入れや返済ができるというのは利用者にとって嬉しい限りです。
さらにATMまで行くのも面倒だという人には、自動支払い返済サービスへの申し込みがおすすめ。じぶん銀行の口座を作ってこのサービスに申し込んでおくと、約定返済日に自動支払いをすることが可能です。
約定返済日は希望した日を毎月の返済日に設定するもので、自動支払いのためATMへ足を運ぶ必要も返済期日を忘れてしまう心配もありません。
また本人名義の他行口座から毎月一定額をじぶん銀行の口座に手数料0円で入金できる定額自動入金サービスも大変便利なので、あわせて申し込んでおくのがおすすめです。

じぶん銀行カードローンはじぶん銀行に口座を持っていなくても利用できますが、口座を作っておくことでこのように様々なサービスを利用できるメリットがあります。

高いセキュリティで安全対策も万全!

一般的に、利便性と安全性はトレードオフの関係にあるといわれています。便利になればなるほど安全性は下がり、安全性を追求すると利便性が損なわれるという意味です。
高い利便性が特長のじぶん銀行ですが、ATMのサービス利用には他人に悪用される危険も伴います。じぶん銀行ではこの点に十分配慮し、次の機能とサービスを用意しています。

ATMロック
出金限度額制限
メール通知サービス

ATMロック

利用には別途申し込みが必要なATMロックは、出金や残高照会などを行う機能をロックして取引時にのみ解除する仕組みで、不正取引の防止に高い効果が得られるものです。
ロックが解除されてから60分が経過すると再びロックがかかり、入金以外の機能が制限されます。必要に応じて利用者が取引直後にロックをかけることも可能です。
不正利用時の補償限度額は通常で年間50万円までですが、ATMロックサービスの利用者は年間300万円まで補償されます。

出金限度額制限

キャッシュカードの盗難や偽造といった不正から利用者の預金を守るために、じぶん銀行ではATM利用時の出金限度額が設定されています。
1回もしくは1日あたり、限度額を超えて出金することはできません。限度額の初期設定は50万円で、利用者が0から200万円までの範囲で任意に変更可能です。
この限度額設定を少額に抑えておくことで、万一の被害を最小限に留めることができます。

メール通知サービス

口座からの出金時に、あらかじめ設定しておいたアドレスへ通知メールを送信するサービスです。これにより万一他人に不正出金をされた場合にそれを検知し、早期対応を行うことができます。
利用には申し込みが必要ですが、ATMロック機能解除通知とATM出金限度額変更通知については自動で通知されます。わざわざサービスを利用しなくても最低限の安全は担保されているというわけです。
それ以外の通知は利用者が必要に応じて設定することができます。

ここに注意!借り換え時のポイント

おすすめポイントが魅力のじぶん銀行カードローンですが、注意したいポイントもあります。
契約後に戸惑うことがないように、事前にしっかり確認しておきましょう。

総量規制の対象になる

じぶん銀行カードローンの利用範囲は、総量規制の対象となります。総量規制とは貸金業法において多重債務問題を解決する目的で定められた、個人の借入総額を原則年収の3分の1までとする制限です。
年収360万円の場合は年間に借り入れ可能な上限額が120万円ということになります。

一部の銀行カードローンや消費者金融で取り扱われるおまとめローン専用の商品には、総量規制の対象外となるものがあります。
しかしじぶん銀行カードローンの借り換えコースは一定条件下において優遇された金利で使用できるだけで、おまとめローン専用商品というわけではありません。
そのため他社からの借り入れ総額がすでに年収の3分の1に近い額になっている場合は、新たな借り入れで総量規制にかかり審査に通らないことも考えられます。
契約前に現在の借り入れ総額や新たな融資希望額を踏まえて慎重に検討する必要があります。

消費者金融並みの利率になることも

au限定割が適用されるコースであっても、場合によっては消費者金融並みに高い利率になることがあります。
冒頭でも少し触れましたが多重債務者や借入額が少ない人の場合、また初めての借り入れを行う場合などは限度額が低く利率が高めに設定される傾向にあります。おまとめローンの利用前後で利率にどれくらい差が出るのかを事前によく比較検討しなくてはなりません。

またカードローンの利用限度額は、初めての契約時には枠が低めに設定されます。利用限度額が上がることを増枠といいますが、増枠のためには継続して借り入れと返済を繰り返し、実績を積んでいく必要があります。
次のような行為は信頼を損ねる原因となるので注意しましょう。

返済の遅延、延滞
債務整理などの金融事故

借入可能上限額の引上げを申請すると改めて審査が行われ、パスすると増枠となります。増枠のために必要な実績期間は、一般的には半年程度といわれています。
きちんと返済を続けていくことが実績となり、実績を積み重ねることが信用につながるというわけです。

まとめ

おまとめローンを利用しての借金の一本化は、うまく利用できれば負担を減らす手段となります。返済先を1つにまとめることで返済期日も月に1度になるため、気持ちもラクになります。
じぶん銀行カードローンのau限定割 借り換えコースは金利の優遇が受けられる、魅力的なおまとめローンです。うまく活用して効率の良い返済計画を立て実行していきましょう。

 

ちばぎんカードローンでおまとめローンするメリットは?低金利でまとめる為には
これで怖くない!おまとめローンの審査に落ちた時の対処方法を徹底追及しました

おまとめローン関連記事一覧

【アコムおまとめローン】実は知っておいた方が良い項目まとめ

複数の借入がある方にとって、アコムのおまとめローンは完済をサポートしてくれる返済専用ローンです。 銀行や他の消費者金融でも同様の金融商品が販...

【紀陽銀行おまとめローン】借金を一本化するのに良い理由は?

紀陽銀行おまとめローンは、限度額の高さと金利の低さが特長の個人向けカードローン商品です。消費者金融や他社の銀行カードローンにはない独自のメリ...

三井住友銀行カードローンのおまとめローン内容を調査しました!

日本の中でも三大銀行として知られているのが三井住友銀行です。 銀行としての信頼性も高く、さらに格式もあるため借入を検討している多くの方が三井...

三菱UFJ銀行バンクイックはおまとめローンできない!?

三菱UFJ銀行は誰もが知るメガバンクの1つですが、複数の借入をまとめて借り換えするおまとめローンという金融商品がありません。 基本的におまと...