おまとめローンは借り入れしている件数が増えてきた時の対処法として一般的な方法ですが、審査に通らず苦労することもあります。
 借り入れ件数があまりにも多いと審査に通らない可能性が高くなるので、出来れば早めにおまとめローンにしたいところです。
 通常のカードローンにしてもおまとめローンにしても、審査の基準は各社とも明確には開示していません。しかし、大体こんな感じの基準だろうというのは、インターネットなどで調べれば沢山出てきます。
 インターネットのよく分からない情報を鵜呑みにするのは、大変馬鹿らしいことですが、カードローン等の審査基準は概ねあっているように感じられます。
 おまとめローンで審査に通らない理由は、金融事故を起こした過去があるか、借り入れ件数が多すぎるかのどちらかと思っておいてまず間違いまりません。
 借り居入れ件数が多いからこそ、おまとめローンを利用したいのに借り入れ件数が多いことが理由で審査に落ちるのは納得が行かない人もいるかと思いますが、これは仕方がありません。
 借入件数が多すぎる人はそれだけで、計画性がない人間であると見なされるのです。おまとめローンで一本化して他社の借入枠が空けば、またそこで借りてしまって結局多重債務に者に逆戻りとなるだろうと、容易に想像出来てしまうのです。
 真剣に返済を考えている人もいるでしょうが、そういう人は件数が増えすぎる前に対処しています。
 なのでおまとめローンを利用したければ、なるべく早く行動を起こさなければいけないのです。
 真面目に完済を目指す人にとっては、金利を下げたり返済日が統一されて煩雑さが無くなったりと利点は沢山あります。しかし、その場しのぎの対策としておまとめローンを考えても、真面目に完済を目指していないのなら益々深みに嵌って行くでしょう。
 とは言っても個々の考え方はどうであれ、やはり早めのおまとめローンの利用が最適であることには変わりはありません。返済不能に陥ってしまったら債務整理となって信用情報に大きな傷がつくことになります。