限度額
下限金利
上限金利
キーワード

【アコムおまとめローン】実は知っておいた方が良い項目まとめ

複数の借入がある方にとって、アコムのおまとめローンは完済をサポートしてくれる返済専用ローンです。

銀行や他の消費者金融でも同様の金融商品が販売されているので、アコムのおまとめローンの特徴を理解した上で、どちらが自分に合っているのか決める必要があるでしょう。

この記事では、アコムのおまとめローンを利用される方が気になる上記のような内容についてまとめています。こちらの情報を参考に、複数のおまとめローンの中から自分に合うものをお選びください。

 

アコムのおまとめローンの基本的な情報

借入を検討している場合、各おまとめローンの基本的な情報、つまり金利や借入限度額、返済方法などについて把握している必要があるでしょう。

おまとめローンで借りる金額は、当たり前ですが通常のカードローンよりも大きくなるため、ちょっとした金利の差であっても返済総額に大きな影響を与えることになります。

金利:7.7%から18.0%
貸付金額:1万円から300万円
返済方法:元利均等返済方式
返済期間:最短2回から最長13年7ヶ月(162回)
遅延損害金:年率で20.0%
おまとめローンの使途:賃金業者債務の借換え

アコムのおまとめローンである借換え専用ローンの基本情報は上記のようになっています。目立った特徴としては、借入限度額が最大で300万円であることとおまとめローンの使途が賃金業者債務の借換えとなっている点でしょう。さらに最大の年率が18.0%である点にも注目できます。これらの点は、アコムのおまとめローンのメリットやデメリットと直結しているため、これからご説明します。

 

アコムのおまとめローンのメリットとは?

では、まずアコムのおまとめローンのメリットについて調べていきますが、以下のようなメリットがあります。

総量規制対象外であるため年収に左右されずに借入できる
毎月の返済額を減らせる可能性がある
返済額が毎月同じになり分かりやすい
融資までの時間が早い

アコムのおまとめローンには、少なくとも上記のような4つの特徴があります。1つ1つ検証していきましょう。

 

消費者金融であっても総量規制対象外になる

あまりに高額な借入をしてしまうと、債務者の生活が破綻する恐れがあるため、貸しすぎと借りすぎを抑制する賃金業法の総量規制という法律があります。この法律によって年収の3分の1以上の借入を行うことはできなくなりました。
しかしアコムのおまとめローンはこの総量規制対象外であり、年収にかかわらず借入できるため、複数の業者から借りたお金を借換えによって一本化することが可能になりました。アコムのおまとめローンが、債権者の利益ではなく債務者にとってメリットが大きいため、総量規制対象外になっているわけです。

 

毎月の返済額を減らせる可能性がある

アコムのおまとめローンを利用する事で、複数の業者への返済金額を減らせる可能性があります。以下のような具体的な金額例を見てみましょう。

★A社:借入金額30万円で金利16%、毎月の返済額9,000円
★B社:借入金額40万円で金利17%、毎月の返済額12,000円
★C社:借入金額50万円で金利18%、毎月の返済額15,000円

3社からの借入総額は120万円であり、毎月の返済額は合計36,000円となります。
利息制限法では、10万円までの借入の場合は金利が20%、10万年から100万円までは金利が18%、100万円以上は金利が15%を上限金利としています。
ですから上記の借入金額と金利は法的に全く問題のない数字であり、実際にこの金利で借入をしている方もおられるでしょう。

しかしアコムのおまとめローンを利用して、3社からの借入総額120万を借換えするなら、上限金利は15%となります。返済期間を6年8ヶ月と設定した場合、毎月の返済額は先程の36,000円から12,000円少ない24,000円になります。これによって返済総額もかなり減らすことができるので、利用者にとって非常に大きなメリットになるでしょう。

 

毎月の返済額が同じになり管理しやすい

複数の業者から借入を行なっていると、金融業者によって設定金利や毎月の返済金額も異なるため、管理がしづらくなります。
さらに通常のカードローンでの借入の場合、返済方法は残高スライド式リボルディング払いになっています。この返済方法にもメリットはありますが、返済期間が長く毎月の返済額が徐々に変化していく特徴があります。
つまり毎月決まった返済金額でないため管理がしにくいわけです。
アコムのおまとめローンの返済方法は、元利均等返済方式という毎月の返済額が同じ金額になるため、返済金額の管理をしやすくなります。これは返済専用ローンの大きなメリットと言えるでしょう。

 

融資までの時間が短いのがアコムの特徴

アコムのカードローンの場合、審査に必要な時間は最短で30分となっています。おまとめローンの場合は、借入金額が大きくなるため、審査はより慎重に行われるものですが、審査の時間が早いというアコムの特徴は変わりません。
審査が早いという事は、融資までのタイミングも早くなるという意味なので、即日融資とはいかないものの、早い段階で借入を一本化できるようになります。

アコムのおまとめローンには上記のようなメリットがある一方、いくらかのデメリットもあります。

おまとめローンのデメリットは一体なに?

アコムのおまとめローンは、とても利用しやすい商品ではあるものの、いくらかのデメリットもありますので、申し込む前によく理解しておきましょう。

金利が比較的高く設定されている
借換えができるのは賃金業者からの借入のみ
借入上限金額が300万円

アコムのおまとめローンには、上記のような3つのデメリットがありますので、ご自身が利用しても問題にならないか検討する必要があるでしょう。

 

金利が少し高めに設定されている

アコムのおまとめローンの金利は、7.7%から18.0%と決まっています。100万円を超える借入に関しては、利息制限法によって15%が上限金利になりますが、100万円以下の場合は上限金利18%が適用されます。

銀行系や他の消費者金融のおまとめローンの金利よりも0.2%から数%ほど高く設定されているのは、利用者にとって若干のデメリットになるでしょう。つまり100万円以下の借換えの場合、元の借入時の金利よりも高くなってしまう可能性もあるという事です。ですからアコムのおまとめローンに申し込む前に、現在の借入の金利についてもう一度確認する必要があります。

 

賃金業者からの借入分しか借換えできない

貸付を行なっているのは消費者金融だけではなく、銀行も行なっています。しかしアコムのおまとめローンは、借換えの対象は賃金業者からの借入のみとしているので、自動的に銀行からの借入やクレジットカードのリボ払いなどは対象から外れると言えるでしょう。

もし銀行からの借入がある場合、アコムのおまとめローンを利用しても対象外になってしまうため、別途返済を続ける必要が出てきてしまいます。

 

おまとめローンの上限金額が少し低め

おまとめローンの目的は複数ある借入を一本化して金利を低くし、さらに返済の管理をしやすくすることです。ですから借換えの金額が大きくなることもあるでしょう。

例えば4社からお金を借りていて、合計金額が500万円になった場合、アコムのおまとめローンでは対応できないということになります。借換えの上限金額が300万円と低く設定されていることは、人によってはデメリットになってしまうでしょう。

アコムのおまとめローンを検討しておられるのであれば、上記のデメリットについて申し込み前に確認しておきましょう。

 

アコムのおまとめローンはどんな人に向いているの?

メリットとデメリットを理解できると、アコムのおまとめローンがどんな人に向いているのか分かってきます。以下のような方に向いていると言えるでしょう。

借入総額が300万円以下の方
審査を急いで行なってほしい方

上記のような方であれば、アコムのおまとめローンを利用することでメリットを感じることができるでしょう。

 

借入総額が100万円以上300万未満の方におすすめ

アコムのおまとめローンの上限金額は300万円に設定されているため借入総額が300万円を超えてしまう方は、そもそもアコムを利用できないでしょう。

またアコムの設定している金利が若干高いため、他社からの借入総額が100万円を超えている人の方がメリットは大きくなります。借入金額が100万円を超えると、利息制限法によってアコムのおまとめローンの金利は上限が15%となります。金利が15%であれば、他社の金利よりもかなり低くなる可能性も高いため、借入総額が100万円以上300万円以下の方であれば、アコムの利用を検討できるでしょう。

 

審査を急いで終わらせたい方

アコムの特徴は、審査のスピードが早いことなので、なるべく早く審査を終わらせたい方に向いています。おまとめローンという金融商品自体は、契約まであまり焦る必要はないものの、何らかの事情によって審査を急いでいる方もおられるでしょう。そんな方にはアコムのおまとめローンは向いていると言えます。

特に本審査に必要な書類をアコムの契約機むじんくんまで持っていけば、融資までの時間も節約できます。少しでも早く融資を受けたい場合は、申し込みの前に必要書類を準備しておきましょう。
必要な書類は以下のようなものです。

本人確認書類:免許証、個人番号カード。顔写真がない健康保険証の場合は住民票や納税証明書や公共料金領収書の準備も必要です。
収入証明書:源泉徴収票、確定申告書、所得証明書、給与明細など

こうした書類が揃っていない、もしくは不備があると審査に時間がかかってしまうため、事前に揃えて不備がないか確認をしておきましょう。

 

審査はどれくらい厳しいのか?

アコムの審査は他よりは厳しくないと説明しているサイトもありますが、借入金額が大きくなるおまとめローンは、決して甘い審査ではありません。アコムが設定している条件をクリアしていないなら、審査で否決される可能性は十分あります。
審査で重視されるのは、個人の属性や信用情報です。これまでの借入返済で悪質な遅延などがあった場合は、アコムの審査に大きく響くことになります。

 

アコムのおまとめローンの申込手順を確認

上記で説明したアコムの特徴やメリット・デメリットを見て、申し込もうと思われる方もおられるでしょう。最後にアコムのおまとめローンの申し込み手順を紹介します。

借換え専用ローンフリーダイヤルに電話をする
担当者から手続きの方法や必要書類の説明を受ける
同時に仮審査を電話で受ける
必要書類をもってむじんくんに行く
無人契約機で本審査の結果を回答
無人契約機で契約完了
融資

簡単に説明するなら、アコムのおまとめローンの申し込みから融資までの流れは上記のようになります。融資の方法ですが、原則的に借入業者への返済はアコムが行うことになるでしょう。

返済の手間を考えるとアコムにお任せした方が良いですが、人によっては自分で返済をしたいと思われるかもしれません。その場合は、融資を受けてから自分で賃金業者へ返済することもできます。ただし自分で借金を精算した場合は精算をした証明書類を提出しなければなりません。アコムのおまとめローンは、借入の返済のみに使用しなければならないため、精算書類の提出は必須となります。

アコムのおまとめローンには、多くのメリットがありますが、デメリットも存在しています。特に貸付限度額が、銀行や他の消費者金融よりも低く設定されている点には注意する必要があるでしょう。事前に現在の借入総額を確認しておくなら、返済金額に足りないという事態が起きるのを防ぐことができます。

また100万円以下の借入の場合、金利が若干高くなる可能性があることも覚えておきましょう。現在の金利と比較して、アコムの方が安くなるのであれば、おまとめローンを利用すると返済総額を減らすことも可能となります。
アコムのおまとめローンを利用する場合は、金利、返済総額を事前にチェックしておくことがポイントになるでしょう。

 

【レイクALSAのおまとめローン】は債務者の見方?知っておきたい注目ポイント
【アイフルのおまとめローン】審査と内容の3つのポイント

おまとめローン関連記事一覧

【SMBCモビットおまとめローン】金利とシステムを把握して賢く借り入れしよう!

過払い金問題が起きたため、多くの銀行や消費者金融でおまとめローンという金融商品を販売するようになりました。おまとめローンは複数の借入を一本化...

【紀陽銀行おまとめローン】借金を一本化するのに良い理由は?

紀陽銀行おまとめローンは、限度額の高さと金利の低さが特長の個人向けカードローン商品です。消費者金融や他社の銀行カードローンにはない独自のメリ...

三井住友カード「ゴールドローン」おまとめローンをきちんと活用するために

三井住友銀行は日本でトップ3に入る大手金融機関です。この銀行を選んで間違いはありませんが、似た名前のカードローンに三井住友カードという会社が...

【東京スター銀行おまとめローン】の金利・限度額を完全徹底追及しました!おまとめ最適の5つの理由

多くの金融機関が販売しているおまとめローンですが、老舗と言っても過言でないのが東京スター銀行です。そのためおまとめローンと聞くと、東京スター...

【プロミスおまとめローン】は何が良い?利用する前に知っておく項目まとめ

着実に借金を減らせると評判になっているのが、プロミスのおまとめローンです。確かにプロミスのおまとめローンは利用しやすいものですが、特徴や基本...