限度額
下限金利
即日融資
キーワード

【おまとめローンの在籍確認】実際はどうなっているのか?気をつけたい事まとめ

おまとめローンは複数の金融業者から借金をしている場合、その借金を一本化する金融商品です。したがっておまとめローンに申し込むということは、借金を申し込むことに他なりません。

おまとめローンも借金である以上、申し込む際には在籍確認が行われます。それではおまとめローンの在籍確認はどうなっているのでしょうか?

意外と知られていない在籍確認の方法をご紹介いたします。

在籍確認が行われる理由

おまとめローンに限らず、カードローンに申し込んだ際には、在籍確認が行われます。それではなぜ在籍確認をする必要があるのでしょうか。

大きく分類して以下があげられます。

 

本当にその会社に勤めているのか、確認するため

在籍確認とは、読んで字のごとく在籍を確認することです。それはどこに在籍していることを確認すると思いますか?

おまとめローンにおける在籍確認は、申し込み時に書き込まれた勤務先に本当に本人が勤めているのかを確認するのです。本人が書いた住所に住んでいるのかを確認するわけではありません。

各金融機関は利用者の借金情報を把握しています。しかし、勤務先は嘘を書かれても本当かどうかわかりません。

そのため在籍確認が必要なのです。

嘘の勤務先を書くと、審査には通らない

お金を貸す側からすると、利用者の情報として知りたいのは返済能力です。利用者が本当にその会社に勤めているのか、どうしても確認する必要があります。

在籍確認によって嘘が書かれていないことが解れば、金融業者としても安心しますし、審査に通る条件が1つはクリアされます。

もし勤務先に関して嘘を書いていれば、在籍確認でばれてしまいます。勤務先に限らず申し込み時に虚偽の情報を書いていれば、おまとめローンの審査に通ることは絶対にありません。

業者側としては嘘を書くような信用できない人にはお金を貸さないのは当たり前のことです。

在籍確認によって、その人が信用できるかどうかもわかります。業者も別に嫌がらせで在籍確認を行うわけではありません。

 

在籍確認の手順はどうなっている?

おまとめローンに申し込んだとき、いきなり在籍確認をするわけではありません。順序を踏んでから在籍確認が行われます。

 

在籍確認までの流れ

おまとめローンの在籍確認の流れは金融業者によって多少は違います。そこで一般的な在籍確認の流れについて説明しましょう。

おまとめローンに申し込む
本人確認が行われる
審査が行われる
勤務先に在籍確認の電話が掛かってくる
おまとめローンの開始

大雑把に言えば、上記のような順序となります。

当然のことながら、まずはおまとめローンに申し込みます。

そして本人確認が行われるわけですが、これは在籍確認ではありません。あくまでも申し込んだのは本人かどうか、その確認だけです本人確認は電話で行われます

次に審査が始まります。その審査の終盤で在籍確認が行われるのです。在籍確認の方法は勤務先への電話です。その際に利用者が勤務先にいる必要はありません。

審査に合格すれば晴れておまとめローンを利用できます。

在籍確認により、借金のことが勤務先にばれることはないの?

おまとめローンに申し込みの際の在籍確認があると、心配になることがあります。

それは借金のが勤務先にばれてしまうのではないかという事でしょう。それでは在籍確認によりおまとめローンに申し込んでいることが、勤務先にばれることはないのでしょうか。

 

金融業者は利用者の勤務先に自社の社名は告げない

「○○金融の××と申しますが、おまとめローンの在籍確認でお電話を差し上げました。御社に□□△△さんはお勤めでしょうか?」などという在籍確認の電話が勤務先に掛かってきたら、おまとめローンに申し込んでいることが社内に知れ渡りますよね。利用者にとっても、非常に困った状況になります。

かと言って「○○金融の××と申しますが、御社に□□△△さんはお勤めでしょうか?」などという電話でも、おまとめローンと言っていないとはいえ、○○金融と言った時点で借金をしていると勤務先に疑われてしまいます。
しかし、ご安心ください。在籍確認の際、金融業者は自社の社名は告げないのです

「××と申しますが、□□△△さんをお願いします」と、電話を掛けた担当者は自分の名前しか言いません。もちろん「お勤めでしょうか?」などとも言わないのです。

在籍確認のときにあなたが会社にいれば電話を替わってもらい、ばれないように簡単な会話をして電話を切ります。あなたが席を外している場合は「それでしたら、□□さんの携帯にお電話します」と言って電話を切ってくれます。
この時点でその会社にあなたが勤務していることがわかるので、在籍確認はこれで終了です。

在籍確認があったからと言って、勤務先におまとめローンのことがばれることはまずありません。

 

しかも金融業者はプライバシーの保護が徹底しているので、在籍確認のときに勤務先から用件を訊かれても絶対に本当のことは答えないのです。

ただ銀行によるおまとめローンの場合、銀行名を名乗るケースもあります。それが嫌な場合は事前に銀行名は名乗らないように頼んでおきましょう

派遣社員の在籍確認はどうなっている?

おまとめローンに申し込むのは正社員だけではありません。派遣社員の場合もあります。それでは派遣社員の勤め先は、どの会社を書けばいいのでしょうか。

派遣社員が実際に働いているのは派遣先の会社です。しかし派遣社員が所属しているのは、派遣会社であることは言うまでもありません。派遣先か派遣会社か勤務先をどちらに書けばいいのか悩むでしょう。

派遣社員は、勤務先を派遣会社にしておいた方が無難のようです。そして備考欄には派遣先の会社の情報も書いておきましょう。そうすれば金融業者が処理してくれます。

それでも不安な人は、申し込んだ後に業者へ連絡してください。業者が対処法を提案してくれるでしょう。

 

自営業者の在籍確認はどうなっている?

それでは自営業者の在籍確認はどうなっているのでしょうか。こちらは利用者本人が経営者ですから、事務所などに在籍確認の電話が掛かってくるだけです。その点では会社員や派遣社員などよりも在籍確認のハードルは低いでしょう

しかしその分、おまとめローンにおける審査のハードルは高くなります。安定収入のある会社員や派遣社員に比べて、自営業は収入が安定していないケースが多いからです。

在籍確認なしでおまとめローンに申し込む方法

おまとめローンの在籍確認では金融業者名を名乗らないとはいえ、やはり在籍確認はできれば避けたいという人も多いでしょう。

勘のいい上司や疑り深い人ならば、社名を名乗らずに個人名で会社に電話を掛けてきた時点で何か怪しいと感じる場合もあるからです。

それでは在籍確認なしでおまとめローンに申し込む方法はないのでしょうか。

 

基本的に、在籍確認を避けることはできない

のっけから結論を出すのも恐縮ですが、おまとめローンでは基本的に在籍確認を避けることはできないと思ってください

 

なぜなら、おまとめローンは普通のカードローンに比べて審査基準が厳しいからです。

普通のカードローンでも在籍確認は必ずと言っていいほどあるのに、おまとめローンで在籍確認がないというのはまず考えられません。

おまとめローンの審査が厳しい理由として、申し込む人が多重債務者だからということがあります。つまり借金の返済に困っている人が申し込むわけで、審査基準は厳しくならざるを得ません。

金融業者からすると貸し倒れのリスクが高いおまとめローンでは、在籍確認が必須になるのです。

 

最近では書類による在籍確認を行う金融業者もある

普通のカードローンでは、借入金が少額の場合、書類による在籍確認でも良い場合があります

しかしおまとめローンの場合は数社の借金を一本化するため、借入金は高額になるので電話による在籍確認はまず避けられません。

ところが最近では、おまとめローンでも書類による在籍確認を行う業者が出てきました。ただしこれは限られたごく一部の業者であり、ほとんどの業者では勤務先への電話による在籍確認が行われると思った方がいいでしょう。

もし書類による在籍確認が可能な業者ならば、勤務先へ電話で在籍確認しないよう事前に連絡しましょう。そうすれば在籍確認は書類で済ませてもらえるかも知れません。ただ、その場合でも高額の借入金なら断られることもあります。
在籍確認に必要な書類は業者によって異なりますが、社員証や給与明細書のコピーを用意すればいいという場合もあります。詳しくはおまとめローンを申し込む業者にお尋ねください。

 

在籍確認に関してやってはいけないこと

勤務先への電話による在籍確認は、一部の例外を除いて避けられないことがわかりました。それでは在籍確認に関してやってはいけないことには、どのような内容があるのでしょうか。

嘘の勤務先を書くこと

おまとめローンを申し込む際に、絶対にやってはいけないのが虚偽の情報を書くことです。勤務先に関してもそれは変わりありません。
さすがに縁もゆかりもない企業に勤めていると書く人はいないでしょうが、前職の会社にまだ勤めているように書く人はいます。前の勤務先が大企業だった、あるいは転職したばかりだと審査には通らないと考えて、いかにもまだ前の会社に勤めているように書くわけです。
しかしこれは在籍確認によりすぐにばれてしまいます。嘘がばれたら最後、もう審査に通ることはありません。
しかも虚偽の情報を書くと、審査記録に残ってしまいます。書き間違えならともかく勤務先に嘘を書くと間違いなく信用されることはないので、今後、何かの際にローンに申し込もうと思っても審査には通らないでしょう

アリバイ会社を利用すること

アリバイ会社というものをご存知でしょうか。たとえば無職の人が、いかにも会社員であることを装うために利用するダミーの会社のことです。
アリバイ会社では、偽物の社員証や給与明細書、源泉徴収票などを発行してくれます。中には採用通知書や内定証明書まで発行するアリバイ会社もあるほどです。なかなか手が込んでいますね。
もちろんアリバイ会社を利用するのは無職の人ばかりではありません。借金をしていることを勤務先にばれたくない人も利用します。
アリバイ会社の主な業務内容は、カードローンの在籍確認への対抗策です。当然、金融業者から在籍確認の電話が掛かって来たときはプロの担当者が対応して、利用者がいかにもその企業に勤めているように振る舞うわけです。
こういうことを書いてしまうと、アリバイ会社を利用しようと思う人がいるかも知れませんが、それは絶対にやめてください。アリバイ会社を利用すると、とんでもないリスクが待っているのです。
そのリスクを、以下に記してみましょう。

非常に高い利用料金
アリバイ会社とわかった時点で一括返済
アリバイ会社の利用は違法行為

アリバイ会社の利用料金は、非常に高くなっています。アリバイ会社や利用状況によって変わりますが、2万円以上はかかってしまうでしょう。
よく考えてください。借金の返済を少しでも楽にするために、おまとめローンを利用するのではないですか?それなのに高い利用料金を払うのではアリバイ会社を利用する意味がありません。
利用料金以上に厳しいのが、アリバイ会社とばれたときです。そうなったら、おまとめローンはもちろん強制解約、そして一括返済という厳しい現実に直面します。借金の返済に困っているのに、一括返済なんてできるわけがありません。
しかもアリバイ会社を利用するということは金融事故でもあるのでブラックリストに載ってしまい、最低5年間はもうお金を貸してくれる業者はなくなります
さらにアリバイ会社を利用することは違法行為です。この場合は詐欺未遂罪が適用され、立派な前科者となります。それだけではなく業者からは損害賠償請求される可能性もあるのです。
しかも金融業者も馬鹿ではありません。アリバイ会社の存在を把握し、常に調査しているのです。仮に在籍確認で金融業者を騙すことができて、おまとめローンの審査に通っても、業者は利用者のことを定期的にチェックしているのでいずれはばれてしまいます。

おまとめローンに申し込むとき、勤務先への電話の在籍確認は避けられないようです。しかし勤務先に借金のことがばれることはほとんどないのでご安心ください
それでも電話による在籍確認が嫌な場合は、書類による在籍確認を行っている金融業者を探して、勤務先への電話をやめてもらうように頼んでみましょう。

 

これで怖くない!おまとめローンの審査に落ちた時の対処方法を徹底追及しました
おまとめローン他社の借り入れ何社まで?事前に調査しよう!

おまとめローン関連記事一覧

おまとめローンの通りやすい方

おまとめローンは複数の金融機関からお金を借りている人にとっては、返済に関わる物理的な手間と金銭的な出費の両方を抑えることができる、画期的な方...

おまとめローンの審査対策と申し込みの注意

おまとめローンの審査は一般的なキャッシング、カードローンのサービス同様に返済能力を問うものです。返済能力が高いと判断されれば審査には通過し、...

おまとめローンは借りる金額を把握すること

おまとめローンを利用する前には、当然のように借りている金額を把握することが必要になります。借りている金額が分からないまま申込みをすると、審査...

【総量規制対象外の例外】これだけは注意点と主な内容を知っておきましょう

ここに商品やサービスの画像(横300px以下)を入れる ここに商品やサービスの簡単な説明文を入れる

審査に通過しやすいおまとめローンの主な内容と特徴を知って賢い選択をしよう

ここに商品やサービスの画像(横300px以下)を入れる ここに商品やサービスの簡単な説明文を入れる